2012年研究カタログ
166/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������各種計測法による再生軟骨の成熟度構成再生骨・再生軟骨の計測相関●生体材料力学特性の非侵襲超音波計測●多孔体内部流れの速度および圧力分布解析● 出願特許:2008-154789「核磁気共鳴イメージング装置」、2009-066584「X線画像検査装置」、2010-003600「低侵襲血管新生計測装置」ほか● 標準化提案:ISO150/TC7 MRIによる再生軟骨の有効性評価(2010~)謝辞: 本研究の一部は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「三次元複合臓器構造体開発事業(H18-21)」により実施されました。 X線、MRI、超音波、近赤外光などの非侵襲計測技術を使って、移植前後における骨・軟骨の粘弾性特性、エレメント間の接合強度、再生軟骨基質生成量、移植母床との癒合強度等の経時変化など、再生組織成熟度の指標となるパラメータを非侵襲的に経時的に評価することができます。 この評価法を用いて、産業化に必要となる再生医療製品の構造、力学、生化学的性能の有効性を、共通の基準で比較できるようになるため、開発および製造販売承認申請の効率化などに寄与することが期待されます。 X線、超音波、MRI、赤外分光などの非侵襲計測モダリティを相補的に用いて、再生骨および再生軟骨の成熟度を計測する技術を確立し、再生医療機器の製造プロセス、移植段階、移植後の体内変化の有効性評価法として標準化して臨床導入を目指します。評価項目は「組織構造、生化学特性、力学特性」で、これらを再生医療関連企業の製品評価、製造販売承認申請における評価法として提案し、製品製造と販売の迅速化に寄与します。また、医療機関で再生医療が実施される場合の基準となり、再生医療を享受する患者さんのQOL向上に役立ちます。 ●再生医療産業の育成(生体材料、製造・管理・保存装置など) ●再生医療技術の高度化 ●高齢者QOL向上及び介護に係る負担の低減■ 研究担当:林和彦/三澤雅樹/白崎芳夫/新田尚隆/小阪亮/兵藤行志/本間一弘 ■ ヒューマンライフテクノロジー研究部門 高機能生体材料グル-プ/医用計測技術グループ■ 連携担当:本間一弘 /池田喜一 生体材料のマルチモダリティ計測評価● 研究拠点つくば東164ライフサイエンス分野東会場L-85L-85

元のページ 

page 166

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です