2012年研究カタログ
155/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������精密分注におけるヒト型汎用ロボットvs人間の作業精度の比較新世代ロボットによるバイオ関連作業の自動化●プロテオミクス等のサンプル前処理のルーチン作業●次世代シークエンサのサンプル前処理のルーチン作業●創薬スクリーニング工程の全般●病原性ウイルス実験●標準化が求められる、前臨床・臨床検査全般●被曝の恐れがある、放射性同位元素を用いる実験●爆発等の危険が伴う有機合成実験●毒性の高い抗がん剤合成 新世代ロボットを最適化し、汎用バイオハザード作業用の実験プラットフォームを構築しています。これまで、手作業でしか行えなかった抗がん剤の調剤工程を、より高精度で、ハイスループットに行える事を検証しています。また、ロボットに対する特別な知識や経験がない、現場の薬剤師や医師等、誰でも使えるティーチングインターフェースを開発しています。これにより、抗がん剤汚染や、被曝の問題をなくし、安全な作業環境を構築するだけでなく、人的ミスを廃絶した、より品質の高い調剤システムを病院内に構築することを目指しています。 危険なウイルス、毒性の高い抗がん剤、放射性物質など、バイオハザードの取り扱いが、医学医療の進歩のためには必須です。しかし、従来の自動化機器は単純な作業しか行えず、かつ熟練者よりも精度・効率が低く、完全な自動化や標準化は困難でした。そこでこの研究では、ヒト型双腕で、人間が行う作業をそっくり再現できる新世代ロボット技術を応用し、従事者がバイオハザードへ被曝する危険をなくすことをねらっています!また、バイオの現場で、誰でも使えるロボットティーチングインターフェースの開発も行っています。 ●煩雑で複雑なバイオ関連作業を新世代ロボットにより自動化 ●熟練した技術者より高い精度とスループットを実現 ●従来手作業頼りだった全てのバイオハザード作業に応用可能■ 研究担当:夏目徹/梅野真 ■ バイオメディシナル情報研究センター 細胞システム制御解析チーム■ 連携担当: 上田太郎 /小高正人 バイオハザードを取り扱うヒト型汎用ロボット● 研究拠点臨海副都心センター153ライフサイエンス分野第6会場L-74L-74

元のページ 

page 155

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です