2012年研究カタログ
153/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財ミトコンドリアタンパク質予測の性能の比較ミトコンドリアタンパク質と創薬ターゲット●新規創薬ターゲット候補の発見●タンパク質の発現及び抽出の効率化●タンパク質の結晶化の効率化●ドラッグデリバリーへの応用謝辞: 本研究の一部は、日本学術振興会特別研究員奨励費のサポートのもとに進められています。また、本研究は、崎山則征博士(三井情報)、傅思縉博士(台湾大)、辻淳子氏(東大)との共同研究によるものです。 ミトコンドリアタンパク質の約半数は、N末端にミトコンドリア移行シグナル(プレ配列)を持つ前駆体タンパク質として合成されます。そして、ミトコンドリアへ輸送された後、プレ配列が切断され、成熟タンパク質となります。私達は、プレ配列のアミノ酸出現傾向、物理化学的性質、切断部位のプロファイルなどをもとに、アミノ酸配列情報からプレ配列とその切断部位を予測する手法を開発しました。予測性能は、既存の手法を大きく上回っています。また、プレ配列領域の正しい予測は、タンパク質の発現、抽出、結晶化の効率化にも有用です。 ミトコンドリアの異常は、癌や神経疾患に関連しており、すでに100個程度のミトコンドリアタンパク質が創薬ターゲットとして登録されています。また、ヒトでは、未発見のミトコンドリアタンパク質が数百個あると考えられており、その中には疾患の原因や創薬ターゲットが含まれる可能性が大いにあります。しかし、実験的なミトコンドリアタンパク質の同定及び機能解析には時間とコストがかかります。そこで、本研究では、実験にかかる時間とコストの削減のため、高精度でミトコンドリアタンパク質を予測する手法を開発しています。 ●世界最高精度のミトコンドリアタンパク質予測手法を開発 ●未発見のミトコンドリアタンパク質の同定にかかる時間とコストの削減 ●プレ配列領域の高精度予測によるタンパク質の発現、抽出、結晶化の効率化■ 研究担当:今井賢一郎/深沢嘉紀/Paul Horton ■ 生命情報工学研究センター 配列解析チーム■ 連携担当:広川貴次 /小高正人 高精度ミトコンドリアタンパク質予測プログラム● 研究拠点臨海副都心センター151ライフサイエンス分野第6会場L-72L-72

元のページ 

page 153

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です