2012年研究カタログ
150/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������図2 より簡便で迅速な測定システムの開発図1 肝線維化インデックスLecT-Hepaの検証試験●糖鎖バイオマーカー候補分子の同定、検証試験● 臨床応用可能な簡易アッセイ系の構築、評価データ提供● 特許出願情報2009-165795 (2009/07/14)「肝疾患病態指標糖鎖マーカー」、2009-051935 (2009/03/05)「肝内胆管がんの検出・判別方法」など謝辞: 本研究は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「糖鎖機能活用技術開発(Medical Glycomics: MG)」プロジェクトの一環として実施しました。 肝臓の線維化の進行度合いを定量するのに有効なマーカーを発見し、自動迅速測定系の構築に成功しました。それを活用した線維化インデックス(LecT-Hepa)は、既存の線維化マーカーより優れた点が多くあるということが、正当性検証試験で実証されました。さらに私たちは最近になり、より簡便で迅速に測定可能な線維化マーカーの開発にも成功しました。そして、臨床検査機器メーカーとの共同開発により、採血後30分以内で測定結果を知ることができる全自動測定系を作りだしました。現在製品化と保険収載へ向けた多施設多検体解析を実施しています。 肝炎患者さんの慢性肝炎から肝硬変、肝がんまでの病気の進行程度は、肝臓の線維化の進行程度として把握されています。その検査には身体的負担がとても大きい「肝生検」という方法が使われています。したがって、採血程度の負担で肝硬変や発がんのリスクを知ることができるバイオマーカーとその迅速簡便な測定技術の開発、そして臨床応用が急務となっています。日本のC型肝炎感染者は150~200万人であり、中国ではその10倍に及ぶ患者がいると報告されています。上記技術の実用化は、数百億円規模の経済波及効果を生むと期待されています。 ●タンパク質上の糖鎖は病気の状態や進行度に応じて変化 ●疾患に関連した糖鎖変化を簡便にかつ定量的に検出 ●血液を使って迅速に測定■ 研究担当:久野敦 ■ 糖鎖医工学研究センター 診断薬開発支援班■ 連携担当:後藤雅式 /小高正人 糖鎖バイオマーカーの実用化:簡易検出系の構築● 研究拠点つくば中央148ライフサイエンス分野第6会場L-69L-69

元のページ 

page 150

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です