2012年研究カタログ
148/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������上:トイレの内窓設置による効果、下:冷風の影響研究・技術開発の対象の例●人の体温調節・温熱感覚・睡眠の解析●実生活場面における温熱環境の実測●実生活場面における生活行動の計測・評価●サーマルマネキンを使った温熱環境評価●衣服、寝具等の製品の快適性評価●人の健康の評価技術の開発 人の睡眠、体温調節反応や温熱感覚などのデータに基づいて、健康で快適な環境や製品づくりを目指す基礎研究を実施しています。そのために、実際に生活している空間や住宅等での実測調査等を実施し、季節毎の人の睡眠行動や環境の実測データ、そのときの人の体温調節反応や感覚のデータを取得します。そして、それらを実験環境や条件として人工気候室を設定し、最適解を求めるための実験を実施して、人が快適に就寝できる睡眠環境や製品、そして、快適な冷房環境や車室内環境の設計に資する研究を実施しています。 安心・安全は言うまでもなく、快適、心地良い、よく眠れる等、高付加価値を持つ製品や環境が求められるようになってきています。その要求に応えるためには、人の睡眠や体温調節、温熱感覚などのデータが必要であり、また、実際の生活空間の中でどう使われ、どんな環境が形成されているか、人はどんな生活行動を起こしているか等の実態を把握することが重要になってきます。私達は人の睡眠や体温調節、温熱感覚について子どもから高齢者までを対象として研究を実施しています。 ●住宅や環境、設備機器が人に及ぼす熱的な影響を評価する研究を実施しています ●省エネルギーで、かつ、人の健康性や快適性を阻害しない製品・環境を作り出すための基礎研究を実施し、産業界の技術開発を支援しています■ 研究担当:都築和代 ■ ヒューマンライフテクノロジー研究部門 環境適応研究グル-プ■ 連携担当:本間一弘 /池田喜一 健康で快適な温熱環境の評価● 研究拠点つくば中央146ライフサイエンス分野第6会場L-67L-67

元のページ 

page 148

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です