2012年研究カタログ
142/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������運転行動計測用車両(AIST Instrumented Vehicle)先行車追従中の車間距離と加減速制御の比較0%10%20%30%40%00��0.50.5��11��1.51.5��22��2.52.5��33��3.53.5��44��4.54.5��55����1����(65��70��)��2����(70��74��)Time Headway (sec) Frequency rate 追従中の車間距離の分布-0.6-0.4-0.200.20.40.6����������������1����(65��70��)��2����(70��74��)��� ������m/sec2) ���� ��������m/sec) Closing Opening 先行車挙動に対する加減速制御●実環境でのドライバー運転行動の計測技術● 自覚的高齢者運転特性アンケートを活用した高齢ドライバーの認知機能計測とそれに応じた運転行動の分析技術● 高齢ドライバーの運転行動分析に基づく運転支援システムのコンセプト提案 高齢ドライバーによる実路走行実験を、ある年とその約5年後に実施し、運転行動データを比較しました。先行車に追従する状況で、より長めの車間距離を取っていること、一方、先行車が加速する際にはより強めの加速をしていることを解明しました。この結果から、先行車が離れていく状況にて、先行車の急減速につながる可能性のある事例(例:他車線からの割り込み車)の情報提供の有効性が示唆されます。さらに、認知機能変化の自覚に関するアンケートや簡易な認知検査を用いて、高齢ドライバーの認知機能と運転行動の経年変化との関連を検討しています。 今後の高齢社会では、自動車は重要な移動手段の一つと期待されますが、加齢による心身機能低下の見られる高齢ドライバーにとって、安全・安心・快適な運転を実現するための支援システムは必要不可欠です。しかし、場合によっては、心身機能低下に応じた対処行動を取っているため、どのような運転支援を必要としているのかを知ることは難しい課題です。本研究では、高齢ドライバーの運転行動の経年変化を検討することで、加齢による心身機能低下が運転行動へ及ぼす影響の実態を明らかにすることを目的としています。 ●高齢ドライバーの加齢による認知機能変化と運転行動の経年変化との関連性を分析 ●実路における高齢ドライバーの運転行動データをある年とその約5年後に計測 ●高齢ドライバーの運転行動の実態を解明し、真に必要な運転支援コンセプトの提案■ 研究担当:佐藤稔久 ■ ヒューマンライフテクノロジー研究部門 ユビキタスインタラクショングループ■ 連携担当:本間一弘 /池田喜一 実路における高齢ドライバーの運転行動の計測と評価● 研究拠点つくば中央140ライフサイエンス分野第6会場L-61L-61

元のページ 

page 142

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です