2012年研究カタログ
127/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財����������������������������������������� ��������������������������������� ��������������������������������������� �������������������������������������������������� ���������������� ��������������������������������� ��������������������������������� ������������AIDS������ ������������������������������������ ������������(GVHD) ������������������������������������������������ ������������������������������������������������������������������� Fasリガンド-レセプター系によるアポトーシスの誘導アポトーシスの異常と疾病との関係●タンパク質の異種発現系を用いた生産・精製技術● デスリガンド-デスレセプター系を素材とした創薬基盤関連技術● 参考総説:Muraki M. (2012).Protein and Peptide Lett., vol.19 (8), 867-879.●謝辞: 本研究の一部は、NEDO「健康維持・増進のためのバイオテクノロジー基盤研究プログラム・生体高分子立体構造解析プロジェクト」により行われたものです。 これまでにヒトにおける代表的な外因性のアポトーシス誘導因子の1つであるヒトFasリガンドならびにその誘導シグナルを標的とする細胞の内部に伝達する受容体であるヒトFasレセプターを対象として、アポトーシス誘導の際の特異的相互作用の主体であるそれらのタンパク質分子の各細胞外領域(ドメイン)について、それぞれ酵母とカイコを発現用宿主とした生産系ならびに発現産物の精製系を構築しました。現在、立体構造解析や新しい機能を付与する上で有用な誘導体を創製するための改良を試みています。 過剰なアポトーシスの抑制や亢進はがん、自己免疫疾患、神経変性疾患、移植片対宿主病など各種のヒトの重大な疾病の発症の原因となります。もし、アポトーシスを人為的に制御することが可能になれば、これらの病気の克服に少なからず役立つことが予想されます。本研究では創薬のターゲットとして、主要なアポトーシス誘導過程の1つである外因性経路に関わる誘導因子(リガンド)ならびに受容体(レセプター)タンパク質に着目し、それらの生化学的解析や医学的応用の基盤となる異種発現系を用いた生産方法の開発を行っています。 ●アポトーシスの制御はヒトの重大な疾病に対する創薬ターゲット ●ヒトFasリガンド細胞外ドメインの異種発現生産・精製系を開発 ●ヒトFasレセプター細胞外ドメインの異種発現生産・精製系を開発■ 研究担当:村木三智郎/本田真也 ■ バイオメディカル研究部門 分子細胞育種研究グループ■ 連携担当:丹羽修 /小高正人 アポトーシスを制御するヒトタンパク質の異種発現生産● 研究拠点つくば中央125ライフサイエンス分野第6会場L-46L-46

元のページ 

page 127

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です