2012年研究カタログ
125/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財乳酸菌SBL88による、睡眠障害の改善効果ストレス性睡眠障害モデルマウスの活動記録������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������� ������������� ���������������������������������● 産総研で開発したストレス性睡眠障害モデルマウスを用いた、生活リズムや睡眠障害を改善する新たな食品素材の探索についての連携が可能 我々は、ヒトへの外挿が可能なストレス性睡眠障害モデルマウスの開発を目指して研究を行っており、これまでに、活動リズムや睡眠・覚醒リズムの減衰とともに、睡眠の質の低下を認めるモデルマウスの開発に成功しています。このモデル動物を用いて、睡眠障害を改善するための食品素材の探索を行った結果、サッポロビール株式会社が保有する乳酸菌SBL88に、睡眠障害による活動量の低下を改善する効果があることを発見しました(2012年7月24日プレス発表)。今後は、睡眠障害を改善する新たな食品素材の開発を目指します。 現在我が国においては、国民の5人に1人(高齢者では3人に1人ともいわれています)が睡眠に何らかの悩みを抱えているとされています。睡眠障害は、うつ病や神経症などの精神疾患のみならず、肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病の発症とも深い関係があります。我々は、体内時計の分子機構に関する研究を通して、新規な治療法の開発など、時間医療・時間薬理学分野に貢献するのみならず、食を中心とした生活習慣の改善による生体リズムの積極的な制御法の開発を目指しています。 ●ヒトへの外挿可能なストレス性睡眠障害モデルマウスの開発 ●睡眠障害に起因する肥満や糖尿病の発症メカニズムの解明 ●体内時計に作用し睡眠障害を改善する食品素材の探索■ 研究担当:大石勝隆/宮崎歴 ■ バイオメディカル研究部門 生物時計研究グループ■ 連携担当:丹羽修 /小高正人 ストレス性睡眠障害モデルマウスを用いた食品の新たな機能性評価● 研究拠点つくば中央123ライフサイエンス分野第6会場L-44L-44

元のページ 

page 125

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です