2012年研究カタログ
118/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財http://unit.aist.go.jp/biomed-ri/ci/index.html������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������●抗モータリン抗体を用いたイメージング技術●PCT/JP2010/072086 「抗癌性抗モータリンペプチド抗体」●US-2010-0297664 A1(H22/11/25) 「抗モータリン抗体のパラトープ及びエピトープ」●US Patent No:7883702(H23/2/8) 「癌の治療における抗モータリン2抗体と機能性核酸の使用」1. QDsは球径により異なる多色スペクトルを有します。2. 細胞内在化抗モータリン抗体(i-Ab)は、一度、培養液に添加するだけで細胞に内在化します。3. QDとi-Abを結合させることにより、QDsは細胞内在化機能を有します(i-QDs)。4. i-QDsにより作製された蛍光細胞(i-Cells)は、インビボ・インビトロにおいて、長期追跡が可能となります。5. 細胞内在化特性を有する新しいモータリン抗体を作製し、i-QDsとi-Cellsとして利用できるか評価しています。 幹細胞研究の発展により、基礎や治療研究において生体内外で使用できる細胞標識技術の開発が急務となっています。QDsは、光学的特性からバイオイメージングに有用な新規ナノ粒子ですが、毒性、安定性、効率、細胞特異的標識化等の生物学的適合性において改良が必要です。私達は、モータリンタンパク質の多様な抗体を作製し、幾つかの抗体が細胞内在化特性を有することを見出しました。生体内外において長期リアルタイムイメージングに利用できる細胞内在化QDs、蛍光細胞を作製しており、診断や再生医療研究への利用を目指しています。 ●基礎・治療研究において生体内外で使用可能な細胞標識技術の開発 ●優れた光学的特性を持つ量子ドットQDsはイメージングに好適 ●細胞に内在化する抗モータリン抗体を用いた細胞内在化QDsを開発■ 研究担当:カウル スニル/矢口智子 ■ バイオメディカル研究部門 細胞増殖制御研究グル-プ■ 連携担当:丹羽修 /小高正人 生体内における細胞イメージングのための新規抗モータリン抗体● 研究拠点つくば中央116ライフサイエンス分野第6会場L-37L-37

元のページ 

page 118

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です