2012年研究カタログ
113/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財図2 糖転移酵素を利用した機能性糖鎖合成(10mg~スケール)図1 低温中マイクロ波照射したルイスX合成��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������●創薬、診断薬への展開●特許出願情報:「SSEA系新規糖鎖化合物」 特願2009-179705● 特許出願情報:「シアリルラクトサミン系、シアリルルイスX系のシアル酸とフコース含有新規糖鎖化合物」 特願2011-536112 PCT/JP2010/067614 (WO/2011/046057)謝辞: 本研究の一部は、科研費基盤(C)、NEDO糖鎖機能活用技術開発、JST A-STEP FSステージにより行われました。 ルイスX3糖体は、グルコサミンの3位と4位にフコースとガラクトースが結合したオリゴ糖ですが、フコシル結合は酸性条件に弱いため、その合成では「まずガラクトースを、次にフコースを」と順次導入するのが定法とされています。しかし、低温に冷却しつつマイクロ波を照射すると、逆の順序でも合成可能であることが分かりました。 また、リコンビナント糖転移酵素を用いて、シアル酸含有SSEA系糖鎖の類縁体や、ネオラクト系類似非天然型糖鎖の合成に成功しました。これらの糖鎖が、ウイルスや菌の増殖阻害活性を有するという初期知見を得ています。 糖鎖の生化学的役割、例えばガン細胞やインフルエンザなどのウイルスと糖鎖との関連性の研究は、日進月歩で進んでいます。しかし、糖鎖化合物の合成は依然多くの困難があり、その生産どころか入手すらも決して容易なものではなく、産業的に優等な糖鎖化合物の探索と、より効率的な生産システムの開発が切望されているのが現状です。 そこで、機能発現の鍵を担うシアル酸やフコースを有した機能性糖鎖の効率生産を目指し、マイクロ波照射によるユニークなルイスXオリゴ糖の合成、また糖転移酵素を利用した非天然型糖鎖の合成について研究しています。 ●ウイルスや細胞の感染・毒素の進入は、宿主細胞が有する糖鎖への接着から ●糖鎖は、多様な構造異性を有する合成が困難な生体物質 ●マイクロ波や酵素を利用した、より簡便な機能性糖鎖の調製法の開発研究■ 研究担当:清水弘樹 ■ 生物プロセス研究部門 生物材料工学研究グループ■ 連携担当: 扇谷悟 /小高正人 機能性糖鎖化合物の生産研究�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������OOBnBnOBnOOAcOONDCPhthSMeOBnHOOOBnBnOH3COBnOOAcOBnBnOBnOAcOOONDCPhthSMeOBnOOOBnBnOH3COBn(�:�=2:1)TMSOTfSolvent�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������● 研究拠点北海道センター111ライフサイエンス分野第6会場L-32L-32

元のページ 

page 113

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です