2012年研究カタログ
111/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������●CRES-T法による転写抑制技術● 形質改良、革新的な植物開発に有効な各種転写因子・転写制御技術●特定遺伝子を制御する転写因子の効率的同定法謝辞: 本研究の一部は、CREST「植物特異的な転写因子機能ネットワーク」、NEDO「植物の物質生産プロセス制御基盤技術開発」、JST・ALCA、最先端・次世代プログラム(GS030)、科研費(21770064)によって実施されました。 転写抑制技術CRES-T法によるバイオマス増大、ストレス耐性など有用形質に関わる転写因子の探索と資源植物への応用技術の開発、木質を形成できない変異体に新しい性質の木質を形成させる因子の探索、転写抑制因子を転写活性化因子に転換することで有用形質が飛躍的に向上した植物の探索を進めています。また網羅的な転写因子酵母ワンハイブリッドライブラリーを作成して特定の標的配列との結合を検証する技術開発を行っています。さらに分子育種技術が確立されていない資源植物のための基盤技術開発を進めています。 持続的循環型の原材料供給のためにはバイオマスや油脂、ラテックス等の増産が有効であり、その実現のために食糧との競合回避、生産・利用コストの低減、環境保全などに適合した資源植物の創製が求められています。そこで、生長、環境適応、物質生産など育種目的に応じた改良、過酷な環境下での増産が可能とするような複合的な形質改良、さらには極めて高強度又は高糖化性の木質の生成などに有効な転写因子の効率的な探索とその応用のための研究開発を進めています。これらの技術は、花卉園芸や植物工場にも応用可能です。 ●品質・生産性向上等、育種目的に合った転写因子の効率的探索技術 ●革新的な木質創製やスーパー植物開発のための転写制御技術 ●資源植物への分子育種の適用のための技術開発■ 研究担当:光田展隆/藤原すみれ/鶴岡直樹/鈴木馨/高木優 ■ 生物プロセス研究部門 植物機能制御研究グループ■ 連携担当:扇谷悟 /小高正人 バイオマス資源増産のための植物分子育種技術● 研究拠点つくば中央109ライフサイエンス分野第6会場L-30L-30

元のページ 

page 111

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です