2012年研究カタログ
110/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財図2 Enterococcus casselifl avus L-120株による乳酸生産(基質:稲ワラ糖化液)図1 Enterococcus casselifl avus L-120株による乳酸生産(基質:グルコース)���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������●微生物が産生した有機酸の解析●好アルカリ性乳酸菌の乳酸産生能の評価● 特許出願情報 「非滅菌発酵による乳酸製造方法」WO2011/049205 A1謝辞: 本研究の成果の一部は、NEDOバイオマスエネルギー等高効率転換技術開発(先導技術開発)によるものです。 発酵法で乳酸を生産する場合、精製と原料に対するコストが製造コストを下げる上で重要な問題です。精製のコストは培養液中の乳酸濃度を上げることで、低減することができます。今回L-120株を用い培養法を検討することで、比較的短い培養時間で、L体100%の乳酸を高濃度で得ることが出来ました。一方、稲ワラを脱リグニン処理後、加水分解したものを基質とした場合においてもL-120株は良好な乳酸産生性を示すとともに、稲ワラ由来のキシロースも資化することができることから、種々の未利用バイオマスを原料としての原料コストを下げることが可能です。 乳酸はポリマー化することにより生分解性プラスチックとしての需要があり、生物機能を利用して生産可能で、光学純度において生物機能の方が化学合成より有利な物質です。しかし、その生産においては、エタノールとは異なり精製にコストがかかることから、生物機能を利用して出来た乳酸を起源とした生分解性ポリマーはそれほど普及していません。乳酸の精製コストが高い原因の一つは、その生産される濃度が低いことにあります。本研究においては、好アルカリ性乳酸菌を用いることにより高濃度の乳酸を産生させることが出来ました。 ●15%以上の高濃度でかつ100% L体の高い光学純度の乳酸生産が可能 ●アルカリ性における発酵のため完全な滅菌処理が不要 ●稲ワラ等のセルロース系バイオマスを酵素処理したものも適用可能■ 研究担当:湯本勳 ■ 生物プロセス研究部門 環境生物機能開発研究グループ■ 連携担当:扇谷悟 /小高正人 好アルカリ性乳酸菌による高濃度乳酸生産● 研究拠点北海道センター108ライフサイエンス分野第6会場L-29L-29

元のページ 

page 110

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です