2012年研究カタログ
108/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財セレノメチオニン耐性酵母と遺伝子改変によるチオール化合物類の生産ヒト型糖鎖生産酵母ライブラリーの活用��������������������������������������������������������������������cDNA ������������ �������������������� �������������������������������������������������� ����������������������������� �������� ���������������������������������� ��������������� ●酵母での糖タンパク質の発現解析●特許出願情報 特許登録4742191「糖蛋白質およびその製造方法」 特開2007-050899 「ムチン型糖鎖結合タンパク質の製造方法」 特開2012-125170 「チオール化合物高生産微生物」謝辞: 本研究の一部は、NEDO「糖鎖機能活用技術開発プロジェクト」の一環として実施したものです。 酵母でヒトの糖タンパク質を生産する場合、抗原性及び機能性の問題からその糖鎖をヒト型へ変換する必要があります。そこで私たちは酵母特有の糖鎖を合成する遺伝子の破壊とヒト型糖鎖を合成するための遺伝子の導入により、N-型糖鎖の他、ムチン型糖鎖などのO-型糖鎖を含む糖タンパク質の生産系を構築しました。またセレノメチオニン耐性株の取得を行い、さらに大腸菌のシステイン合成系の導入を行うことにより、チオール系化合物やセリンなどのアミノ酸の増産に成功しました。 透析治療時における腎性貧血薬としてのエリスロポエチンや、癌・リウマチなどの治療に用いる抗体医薬など、私たちの社会において糖タンパク質性医薬品は近年ますますその重要性を増しています。またアミノ酸などの生物由来有用成分などの増産も今後のグリーン・イノベーションに重要な課題です。私たちは安価かつ大量に培養ができ、ウイルス感染などの影響がない酵母で遺伝子操作を行い、ヒト型糖タンパク質の生産系の構築やアミノ酸などの生産系の開発を進めています。 ●酵母でのヒト型糖鎖の生産技術の確立を行い、様々なタンパク質の生産に応用 ●セレノメチオニン耐性酵母の作出によるアミノ酸増産株の育種に成功 ●種々の生物由来有用成分の生産へ向けた酵母宿主の活用を検討■ 研究担当:千葉靖典/横尾岳彦 ■ 生物プロセス研究部門 複合糖質応用研究グループ■ 連携担当:扇谷悟 /小高正人 メタボリックエンジニアリング酵母による物質生産技術● 研究拠点つくば中央106ライフサイエンス分野第6会場L-27L-27

元のページ 

page 108

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です