2012年研究カタログ
106/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財図2 食品素材各種抽出液の核内受容体活性評価図1 核内受容体活性評価手法�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������Fold Activation ���% ���������mg/ml) ������������� ������A�� Luciferase Assay ������������PPAR�������� �����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������● 農林水産品及び食品素材成分の核内受容体活性化の評価●創薬ターゲットとなるリガンドの探索・解析●測定キットの開発謝辞: 本研究の一部は、経済産業省の提案公募型委託事業、平成23年度地域イノベーション創出研究開発事業「北方系高機能作物を活用した新規健康食品の開発」として行われました。 核内受容体が結合する標的配列下流にルシフェラーゼ遺伝子を繋げ、培養細胞に導入しました。食品素材成分がこの核内受容体のアゴニストであった場合、転写の活性化が起き、ルシフェラーゼが合成されるため、発光量を定量することで転写活性化量すなわち核内受容体活性化量の評価が可能となります(図1)。色々な農産品、薬草及び食品素材などからそれらに含まれる成分を抽出し、各種核内受容体活性化能を評価しました(図2;一例としてPPARδの活性化を示しました)。このような評価により、農林水産品及び食品素材の高付加価値化を図ることが可能となります。 核内受容体は、リガンド依存的に遺伝子発現を調節する転写因子です。核内受容体は、脂溶性低分子化合物をリガンドとすることに加え、糖尿病や高脂血症といった代謝異常症、薬物代謝あるいは癌細胞の増殖などに関与していることから、創薬ターゲットとして以前から注目されています。一方、食品分野での機能性評価への応用はまだ緒についたばかりです。本研究は、機能性が期待できる農林水産品をはじめとする食品素材について、核内受容体活性化能を評価することによって、付加価値を付けた機能性食品素材としての可能性を見出すことを目的として行いました。 ●食品分野での科学的エビデンスに基づく新たな機能性評価を実施 ●新たな付加価値を付けた機能性食品素材の探索・創出 ●疾病予防にも貢献できる可能性■ 研究担当:森田直樹/扇谷悟 ■ 生物プロセス研究部門 分子生物工学研究グループ■ 連携担当:扇谷悟 /小高正人 核内受容体活性化の評価による食品の機能性解析● 研究拠点北海道センター104ライフサイエンス分野第6会場L-25L-25

元のページ 

page 106

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です