2012年研究カタログ
104/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財ゲノム情報による研究開発期間の大幅短縮1. ���������������������������������� 3. ������������������������ 4. DNA����������������������� 5. ������������� 2. ���������������� 6. ������������������� 7. ��������� ������ NGS�� ������������� ��������������� ���������� ����3������� ������ ��������������� ��������������� AIST�������� ●新規二次代謝化合物の探索、生産技術の開発● 生合成遺伝子の同定、生産性向上に有効な遺伝子の同定● 特許出願情報 特願2010-212116 (2010/09/22)「遺伝子クラスタ及び遺伝子の探索、同定法」● 特許出願情報 特願2011- 053301 (2011/03/10)「遺伝子クラスタ及び遺伝子の探索装置」 本研究は、生命情報工学研究センター、情報技術研究部門と連携しながら進めています。 日本の伝統的発酵産業に用いられる麹菌など数種のゲノムを解読し、シンテニー解析などの比較ゲノム解析によって、ゲノム情報から遺伝子の機能に密着した情報を取得できるようになりました。転写制御因子と推定される約300の遺伝子の破壊あるいは過剰発現のライブラリーを構築し、その表現型を解析するとともに、DNAマイクロアレイによる発現プロファイル、マススペクトルなどによる代謝物質のプロファイルの解析を総合して、代謝系遺伝子の制御機構を解析し、有用物質の生産に役立てる方法論を開発しています。 微生物を中心とした代謝系遺伝子は、生物機能を利用した様々な物質の資化や有用物質の合成に重要です。しかし、これらは多様性が高い上に、特殊な条件下でのみ微量しか発現しないため、まだ機能の知られていない遺伝子が多くあります。そんな中、生物のゲノム情報は次世代型シークエンサーの登場などによって、爆発的に増加を続けています。そこでこのラボでは、この大規模なゲノム情報資源から効果的に有用な遺伝子の情報を得るため、生物実験と情報処理の先端的な技術を融合させた、遺伝子機能を迅速に同定・利用する技術を開発しています。 ●飛躍的に増加するゲノム情報を産業に活かす技術を開発 ●微生物の代謝パスウェイを利用して、新しい有用物質を生産 ●情報系を中心として生物系を効果的に利用した解析システムを構築■ 研究担当:町田雅之/小池英明/梅村舞子/小山芳典/萩原央子/石井智子 ■ 生物プロセス研究部門 生物システム工学研究グループ■ 連携担当:扇谷悟 /小高正人 鍵となる遺伝子を高精度に予測する● 研究拠点北海道センターつくば中央102ライフサイエンス分野第6会場L-23L-23

元のページ 

page 104

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です