201508臨海副都心センターパンフレット
2/20

02 AIST Tokyo Waterfront is one of the research bases of the National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST), and was established here at the Tokyo Academic Park in Waterfront when AIST was restructured in 2001. High-caliber researchers gather here from Japan and abroad to carry out innovative research over a wide spectrum, ranging from basic to industrial aspects, taking full advantage of advanced experimental equipment and various research databases. In particular, we promote ‘Life Technologies’ that lead to healthy and safe living. Focusing on a fusion of bio- and information technologies, cutting-edge R&D is conducted on topics including the medical use of genomic data, development of a rational drug discovery process utilizing robotics and computational biology, drug discovery through screening the world’s largest library of natural compounds, digitization of human functions and behaviors, artificial intelligence research to extract value from big data, and advanced cryptography for secure communication. In addition to national projects, we also promote public–private partnerships. One example of this is R&D into fuel cells towards the goal set according to the national roadmap. Our location in Tokyo also allows us to be proactive in various other types of collaboration, technology transfer, fostering of young researchers, and outreach activities. Through these activities, under the spirit of the AIST charter ‘Full Research in Society, for Society’, AIST Tokyo Waterfront will continue to contribute both to strengthening the competitiveness of existing industries and to the creation of new industries. 臨海副都心センターは、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、「産総研」という。)の研究拠点の一つで、2001年の研究所発足と同時に国際研究交流大学村の一つの機関として設置されました。 国内外から一線級の研究者が集まり、高度で最先端の実験設備、充実した研究・知識データベースのもとで、基礎から製品化に至る幅広いスペクトラムにおけるイノベイティブな研究に取り組んでいます。特に、産総研のミッションの一つである「ライフ・テクノロジー」による健康で安全な生活の実現を目指す様々な研究開発を推進しています。具体的には、ゲノム情報の医療応用、ロボットや数理解析技術による創薬最適化、天然物ライブラリー構築による創薬スクリーニング、人間の機能と行動の計測とデジタルモデル化、ビッグデータから価値を創造する人工知能技術、安心して情報を扱うための高度な暗号化技術など、バイオテクノロジーと情報技術の融合に重点を置いた先進的な研究開発を推進しているバイオ・IT融合研究拠点です。 また、産学官連携や国家プロジェクトの推進の場としての役割も担っており、例えば、実用化を視野に入れた燃料電池研究開発等も行われています。さらに、東京に立地する研究拠点としての立地条件を活かして、企業や大学等との共同研究や連携、次世代人材の養成、研究成果の展示場の開設など、技術移転、人材交流、人材育成等の活動を積極的に展開しています。 臨海副都心センターでは、これらの活動を通して、「社会の中で、社会のために」という産総研憲章の理念のもとに、我が国の産業競争力の強化と新産業の創出に貢献していきます。ごあいさつ臨海副都心センター所長 宇都 浩三Director General, AIST Tokyo Waterfront Kozo UTO, DrGreetingsライフ・テクノロジー推進を目指してPromoting Life Technology

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です