産総研トップへ

「中国地域産総研技術セミナー in 島根」開催のご案内

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)中国センターは、産総研の研究開発の成果や産学官連携活動をご紹介して、中国地域の皆様との技術的・人的ネットワークを図ることを目的にセミナーを開催しています。今回は、「キャパシタ関連技術」及び「プラズマプロセス関連技術」について最新の研究成果をご紹介します。
 多数の皆様のご参加をお待ちしております。



日時 平成28年2月23日(火)13時40分より
場所 テクノアークしまね 4階大会議室〔案内図〕
〔島根県松江市北陵町1番地 電話:0852-60-5140(島根県産業技術センター)〕
主催 (国立研究開発法人)産業技術総合研究所中国センター、島根県産業技術センター
後援 中国経済産業局、(公財)ちゅうごく産業創造センター、
(一社)中国地域ニュービジネス協議会、(独)中小企業基盤整備機構中国本部
定員 50 名(申し込み順:定員になり次第、締め切らせていただきます。)
参加費 無料


ご案内のダウンロードはこちらから
 PDFダウンロード [PDF:336KB]


次第

開会挨拶(13:40~14:00)

 島根県産業技術センター 所長  吉野 勝美
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 中国センター 所長  柳下 宏

講演1(14:00~15:05)

「テンプレート法によるメソポーラス炭素材料の開発とそのキャパシタ特性」
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
  エネルギー・環境領域 創エネルギー研究部門
   エネルギー変換材料グループ 研究グループ長  吉澤 徳子
        

 テンプレート法による多孔質炭素材料の開発が材料の高付加価値化の観点から注目されています。本講演ではMgO粒子をテンプレートとして調製したメソポーラス炭素材料に関し、細孔構造設計の容易さ、メソ孔同士の立体的な連続性、2000℃処理後も細孔構造が維持される点などの特徴を紹介し、さらにその細孔構造を活かした高性能キャパシタ電極としての展開につき紹介します。

休憩(15:05~15:15) 

講演2(15:15~16:20)

「新規産業を創出する多様な先進プラズマプロセス技術」
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
  エレクトロニクス・製造領域 電子光技術研究部門
   先進プラズマプロセスグループ 研究グループ長  榊田 創
        

 プラズマ現象は、自然界においては普遍的なものであり、地球上においても科学・産業分野において利用され人類の発展に貢献してきました。準大気圧・大気圧領域での高反応プラズマ技術による低温処理は、新たな用途へのブレークスルーとなる可能性を有しています。本講演では、当該技術を含む最近のトピックスについて紹介致します。

               

お申込み

下記のメール送信フォームまたはFAX送信表からお申し込みください。締切:2月19日(金)

◆メール送信フォーム
 内容を書き込んで送信してください。
  ⇒ WEBで参加申込

◆FAX送信表
 内容を書き込んで作成したものを印刷し、FAXしてください。
  ⇒ FAXで参加申込【Word:48KB】

※本登録にご記入いただきました情報につきましては、個人情報保護法のもと適切に管理し、本目的以外への転用はいたしません。


本件に関するお問合せ先

産業技術総合研究所 中国センター 大谷、矢野

広島県東広島市鏡山3-11-32
電話:082-420-8245、FAX:082-420-8281
電子メール:c-renkei_seminar-ml#aist.go.jp(#は@に置き換えてください)