産総研トップへ

ニュース

2017/10/24

第7回 次世代ものづくり基盤技術産業展 ―TECH Biz EXPO 2017― へ出展

 第7回 次世代ものづくり基盤技術産業展「TECH Biz EXPO 2017」は、設計・開発に伴う「先端技術ニーズ」に対し、固有技術の訴求とソリューション提案を通じ、質の高いキーパーソンに高い確率でアプローチが出来る、ベストマッチングの場です。世界最先端の開発・生産機能が集積します。「日本のものづくりを考える3日間」と題し、技術指針となり得る、最新かつ高度な技術講演会を多数開催します。

 中部センターは主に材料分野における最先端の研究開発に取り組み、産業競争力の強化に寄与するとともに、地域における産学官連携の中核としての機能を果すことを目指しています。会場では共同研究成果6件を共同研究相手の企業様と合同で紹介するとともに、今年4月に発足した企業様との連携研究ラボ、皆様にご利用いただける産総研つくばセンターの先端ナノ計測装置群などを紹介します。

 また、第9回産総研軽量構造材料シンポジウムを開催します。


開催概要
日時 平成29年11月15日 水曜日 ~ 17日 金曜日 10時00分~17時00分 ※17日は16時00分まで
会場 吹上ホール(名古屋市中小企業振興会館)
(名古屋市千種区吹上二丁目6番3号)
主催 名古屋国際見本市委員会
後援 外務省、文部科学省、経済産業省、環境省
協賛 (一財)素形材センター、(一社)軽金属学会、(一社)日本塑性加工学会、(一社)表面技術協会、他
入場料 無料(招待券をお持ちの方、HPからの来場事前登録者(https://techb564.solidsystem.net/regist/)、学生、海外来場者)
問い合わせ先 名古屋国際見本市委員会
〒464-0856 名古屋市千種区吹上二丁目6番3号 名古屋市中小企業振興会館 5階
TEL:052-735-4831/FAX:052-735-4836
お問い合わせフォーム
プログラム、申込先、その他詳細情報 第7回 次世代ものづくり基盤技術産業展 Tech Biz Expo 2017
http://www.techbizexpo.com/ 

出展内容
 
コンパクトハイパワー燃料電池システムの開発
  災害などの非常用に加え、移動体レンジエクステンダーやロボットなどの常用電源への応用が期待されるLPG内部改質型ナノ構造電極材料を活用したコンパクトハイパワー燃料電池システムを紹介する。
   
ヘルスケアセンサ
 
ヒトの呼気には様々な微量成分が含まれており、代謝・口臭・疾患との相関が指摘されている。呼気成分を高感度で検知するセラミックスセンサと呼気検知システムの開発に取り組んでいる。
 
日本特殊陶業-産総研 ヘルスケア・マテリアル連携研究ラボ
 
2017年4月に中部センター内に発足した日本特殊陶業との連携研究ラボについて、そのコンセプトについて紹介する。

木質系素材の流動成形技術の実用化
 
産総研の開発シーズである『木質流動成形技術』について、材料、製造装置の双方から進めてきた実用化研究の一例について紹介する。

滑落性に優れた透明撥液材料の開発
  共同開発したフッ素化合物を使用することなく、水、油を滑落させることを可能にした透明コーティング材料についての展示を行う。
 
産官地域連携による化粧品の製品化と評価装置の標準化
  紫外線遮蔽・好感触使用感・ビタミンC徐放特性を併せ持つ化粧品の実証と実用化。光老化対策と感性価値の付与という新分野開拓を紹介する。

無線電力伝送技術を用いたドローンの自動充電
  無線電力伝送により非接触でドローンに電力を供給し、ドローンを浮上させ、浮上で電力を消費したドローンは再び無線により給電される技術を紹介します。