産総研トップへ

イベント

2017/10/05

第9回産総研軽量構造材料シンポジウム 開催 
『低炭素社会に向けた我が国発の軽量構造材料を積極的に活用するために -樹脂複合材料CFRPの課題と夢-』

 低炭素社会の早期実現を目指し、世界的な規模での取り組みが行なわれつつあります。様々な二酸化炭素排出源のなかでも、自動車や鉄道、航空機などの輸送機器は、多量の人や物を目的地まで高速に移動するために不可欠であり、その効果的で効率的な活用が求められています。特に、輸送機器の燃費向上の観点からは、駆動系の高効率化とともに輸送機器を構成する部材の軽量化が強く求められています。こういった状況下で、これまで鉄やアルミニウムを中心として利用されてきた構造材料の中に、我が国発の新軽量構造材料として登場したのが、炭素繊維強化樹脂複合材料であるCFRPです。すでに航空機など一部には実用化されていますが、広く輸送機器へ展開するためには多くの課題があり、産学官が連携した研究や異分野の技術を集結した新たな取り組みが必要であろうと考えられます。
 国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)では、先の工業技術院の時代から軽量構造材料の研究開発を実施してきました。最近では構造材料研究部門において、これまでに蓄積してきたセラミックスの技術等を活用しながら、新軽量構造材料としてのCFRPの実用化を加速すべく、成形技術の高速化を中心にリサイクル技術までを見据えた総合的な技術開発を推進しております。また、産学官の連携を積極的に進め、これをもって実部材形状を作製する技術を中心に産業界の皆様へ早期に橋渡しできるような取り組みを行っております。
 本シンポジウムは、軽量材料の研究課題や進展を議論いただくために毎年開催しております。本年度は、CFRPを中心に弊研究部門での技術開発状況をご報告させていただくとともに、外部の講師をお招きして、大学や企業における連携活動を通じた材料開発や実用化を目指した取り組みについてご紹介いただきます。
 本シンポジウムを通じまして、皆様にCFRPが有する現状の課題をご理解いただくとともに、それぞれの講演者が思い描く夢について共有いただけることを祈念しております。また、弊研究部門の研究内容に関しまして、皆様のご意見がうかがえますことを楽しみにしております。
 

                 (産総研 構造材料研究部門長 田澤真人)  

開催概要
日時 2017年11月16日 木曜日 13:00~16:50 
会場 吹上ホール(名古屋市中小企業振興会館)
(名古屋市千種区吹上二丁目6番3号 電話 052-725-2111)
主催 国立研究開発法人産業技術総合研究所 構造材料研究部門
名古屋国際見本市委員会
参加費 無料
申込方法 第7 回次世代ものづくり基盤技術産業展 TECH Biz 2017 ホームページにて受付いたします。
第9回産総研軽量構造材料シンポジウムの申込フォームにお進みください。
※来場事前登録時のメールアドレス・登録No入力が必用です。
 来場者登録(https://techb564.solidsystem.net/regist/)し、登録No.を取得してください。
問い合わせ先 名古屋国際見本市委員会
〒464-0856 名古屋市千種区吹上二丁目6番3号 名古屋市中小企業振興会館 5階
TEL:052-735-4831/FAX:052-735-4836
お問い合わせフォーム
第9回産総研軽量構造材料シンポジウム 
『低炭素社会に向けた我が国発の軽量構造材料を積極的に活用するために-樹脂複合材料CFRPの課題と夢-』~輸送機器の軽量化に向けた構造材料の新たな取り組み~

<プログラム>
 
13:00-13:10   開会の挨拶
               ― 軽量構造材料の研究を加速するための民間企業や大学との連携 ―
 産総研 構造材料研究部門長 田澤真人

13:10-13:30   蓄積された素形材技術で樹脂複合材料をサポート
               ― 産総研構造材料研究部門における樹脂複合材料の研究戦略 ―
  産総研 構造材料研究部門 総括研究主幹 小林慶三

13:30-14:10  異分野・異業種の産学官連携を通じた技術融合による複合材料開発のアドバンテージと展望
              ― ICCのオープンイノベーションと広域連携による複合材料の創成と創生―
  金沢工業大学 革新複合材料研究開発センター(ICC) 所長 鵜澤 潔

14:10-14:50    民間企業によるCFRP開発拠点設立と将来展望
                ― 共創の場での連携開発によりWin-Winを目指す ―
  株式会社栗本鐵工所 執行役員 コンポジットプロジェクト室長 福井武久

14:50-15:00   ******************* 休 憩 *********************

15:00-15:30    炭素繊維の機械特性評価の現状と課題
                ― 一本の炭素繊維を用いる炭素繊維の極限物性の評価手法 ―
  産総研 構造材料研究部門 無機複合プラスチックグループ 研究員 杉本慶喜

15:30-16:00   炭素繊維と樹脂の密着性評価の現状と課題
               ―密着性を制するものはCFRPを制す ―
  産総研 構造材料研究部門 無機複合プラスチックグループ 研究員 冨永雄一

16:00-16:30   リサイクル炭素繊維のCFRP化への課題と活用技術
               ― 宝の山のCFRP 廃材を、資源循環型材料として利用する ―
  産総研 構造材料研究部門 無機複合プラスチックグループ長 堀田裕司

16:30-16:50   *** 名刺交換会 ***