English

 

ニュース

2016/10/01

「豊田自動織機-産総研 アドバンスト・ロジスティクス連携研究室」を設立
―ロボット・人工知能技術を活かした先進的な産業車両・物流システム実現へ―

 株式会社 豊田自動織機(社長:大西 朗)と国立研究開発法人 産業技術総合研究所(理事長:中鉢 良治、以下 産総研、注1)は、10月1日に、産総研 情報・人間工学領域内に「豊田自動織機-産総研 アドバンスト・ロジスティクス連携研究室」を設立いたします。

 本連携研究室は、加速的・集中的研究開発実現のために2016年4月に制定された産総研連携研究室制度を活用したもので、産業車両・総合物流システムメーカーとして企業名を冠する初の研究室となります。

 近年、少子高齢化に伴う労働力人口の減少、e-コマース(電子商取引)の拡大による多頻度・小口配送、効率・迅速性への対応など、物流を取り巻く環境や改善ニーズは急激に変化しています。特に、IoTや人工知能(以下 AI)などの技術の発展・普及により知能化・自動化された機器による省人化や、多量データを高度に活用した効率的で効果的なオペレーションの実現など、新たなソリューションによって、物流コスト低減等、お客さまの幅広い改善ニーズに応えることが求められています。

 そのような中、今回、産業車両・総合物流システムのトップメーカーである豊田自動織機と、ロボット技術や情報技術を長く培ってきた産総研が連携し、先進的な産業車両・物流システム実現を目指すことにいたしました。豊田自動織機の保有する高品質・高性能で環境にやさしい多様な製品の開発力、IoT技術や多くのお客様への導入実績に基づく豊富なデータやノウハウに、産総研の高度なロボット技術、AI、データ・アナリティクスなどを適用することで、車両・機器の自律作業を可能とする知能化・自動化や高度なシステムインテグレーションの技術開発を加速し、先進的なロジスティクス・ソリューションの早期実現につなげ、物流現場の課題解決を図ります。

 研究内容としては、次のような領域の共通基盤技術開発、およびそれらのアプリケーション実用化開発に取り組みます。

1)次世代物流ソリューション事業のための研究
2)車両や機器の自律作業実現のための研究
3)サービス提案のための研究

豊田自動織機-産総研 アドバンスト・ロジスティクス連携研究室のイメージ図


【連携研究室の概要】

 1. 称 : 豊田自動織機-産総研 アドバンスト・ロジスティクス連携研究室
 2. 所 : 産業技術総合研究所 つくばセンター
 3. 研究体制 : 連携研究室長 西牟田 武史(株式会社 豊田自動織機)
 4. 員 : 計10名程度

以上



注1 : 10月1日に施行される「特定国立研究開発法人による研究開発等の促進に関する特別措置法」に基づき、産総研は「特定国立研究開発法人」に指定されます。

▲ ページトップへ