English

 

イベント

2017/08/17

第25・26回地質調査総合センターシンポジウム
富士山5,000mの科学 -駿河湾北部の地質と自然を探る-

関連領域:地質調査総合センターアイコン

産総研:主催

 地質調査総合センターでは、国土の成り立ち、地質災害、地下資源や地質環境の利用などについて、地質の調査で得られた成果を発信しています。2016年には、海陸シームレス地質情報集「駿河湾北部沿岸域」富士火山地質図第2版水文環境図「富士山」を出版しました。

 これらの成果に関連する地域には、駿河湾の深海から富士山まで、標高差5,000mに及ぶ変化に富んだ地形や地質が見られます。また、日本で最大クラスの平均変位速度をもつ富士川河口断層帯が分布しています。

 これらの調査や地質図類の編纂の過程で明らかになったことを広く紹介し、駿河湾から富士山までの自然についての理解を深めて頂くため、静岡(第25回)東京(第26回)において本シンポジウムを開催します。



第25回地質調査総合センターシンポジウム (終了しました)


第26回地質調査総合センターシンポジウム 開催概要
日時 2017年10月10日 火曜日 14時00分 ~ 17時50分(受付開始:13時30分)
会場 イイノホール&カンファレンスセンター Room A
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1 イイノビルディング4階
主催 産業技術総合研究所 地質調査総合センター
参加費 無料
定員 210名(事前登録制)
申込方法 オンライン登録
※詳しくは、下記の開催案内ページをご確認ください。
問い合わせ先 地質調査総合センター第25・26回GSJシンポジウム事務局
〒305-8567 茨城県つくば市東1-1-1(中央第7)
電話:029-861-3540 FAX:029-861-3746
Eメール:gsjsympo25-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)
プログラム、申込先、その他詳細情報 第25・26回地質調査総合センターシンポジウム
富士山5,000mの科学 -駿河湾北部の地質と自然を探る-
https://www.gsj.jp/researches/gsj-symposium/sympo2526/

▲ ページトップへ