English

 

イベント

2017/04/21

地質標本館2017年春の特別展/地震・活断層巡回展「2016年熊本地震 活断層に備えよう」
・開催期間:2017/4/4~6/4まで

関連領域:地質調査総合センターアイコン

産総研:主催

 2016年熊本地震は、最近の研究で数千年に一度の割合で大地震が起こることが分かっていた活断層で起きた地震でした。

 この展示を通して、熊本地震でどんなことが起きたのか記憶にとどめ、また活断層や関連する地震の研究がどのように進んでいるのかを知り、今後、活断層でおこる地震に備え、災害に強い社会を築くための一助となることを願っています。

開催概要
日時 2017年4月4日 火曜日 ~ 6月4日 日曜日 開館時間:9時30分 ~ 16時30分
会場 地質標本館 1階ホール
〒305-8567 茨城県つくば市東1-1-1
主催 産業技術総合研究所 地質調査総合センター
協力機関 熊本大学減災型社会システム実践研究教育センター、阿蘇火山博物館、熊本県博物館ネットワークセンター、
熊本博物館、御船町恐竜博物館、国立科学博物館
入館料 無料
問い合わせ先 地質標本館
〒305-8567 茨城県つくば市東1-1-1
電話:029-861-3750、3754
その他詳細情報 地質標本館2017年春の特別展/地震・活断層巡回展「2016年熊本地震 活断層に備えよう」
https://www.gsj.jp/Muse/exhibition/archives/2017/2017_spring_quake.html

▲ ページトップへ