English

 

お知らせ

2017/07/06

大串正樹 経済産業大臣政務官が臨海副都心センターをご視察

 平成29年6月26日(月)、大串正樹 経済産業大臣政務官が産総研臨海副都心センター(東京都江東区青海)をご視察されました。

 冒頭、中鉢理事長がご挨拶を述べ、岡田武理事が産総研の概要をご説明しました。

 一作年5月に設立した人工知能研究センターのコンセプトと人工知能(AI)研究の動向について、辻井潤一研究センター長がご説明しました。

 研究内容の紹介では、医療診断/衛星情報利用における人工知能技術利用を中村良介地理情報科学研究チーム長と坂無英徳人工知能応用研究チーム主任研究員がご説明しました。

 研究現場のご視察では、ライフサイエンス実験ロボット「まほろ」について、ロボティック・バイオロジー・インスティテュート株式会社の髙木英二代表取締役社長が、車輪型自律移動ロボットについて、佐々木洋子生活知能研究チーム主任研究員が、それぞれ実演を交えてご説明しました。


ライフサイエンス実験ロボット「まほろ」の実演をご覧になる大串政務官(左)の写真   車輪型自律移動ロボットの実演をご覧になる大串政務官の写真
ライフサイエンス実験ロボット「まほろ」の実演をご覧になる大串政務官(左)   車輪型自律移動ロボットの実演をご覧になる大串政務官

▲ ページトップへ