English

 

産総研:研究者DBマニュアル(トップページと各種検索)

トップページ

 研究者データベースを起動した際に表示される画面です。

 画面は左右に分割されていて、左側には常に検索方法を選択するメニューが表示されます。

 右側には、注意書きと検索方法の説明が表示されます。5種類ある検索方法のところをクリックすると検索条件を設定する画面に切り替わります。

  • 漠然と「こんなことをしている研究者が産総研に居るのか?」を知りたいのなら簡易検索をお使いください。
  • 名前や所属といった情報をお持ちなら、名前・所属による検索をお使いください。
  • 研究内容から探すなら、まず研究成果発表による検索をお使いください。
  • 研究に関連する特許を考案した人を探したいのなら、知的財産権による検索をお使いください。研究成果発表による検索の結果と近いものが得られますが、より実用に近い研究をしている人が見つかります。
  • こうゆう分野の人、あの学会の会員になっている人、というような検索にはプロフィール情報による検索をお使いください。
トップページの画像

▲ ページトップへ

簡易検索

 簡単な入力で研究者を探すことができます。研究成果のリストへの直接リンクがついた研究者のリストが検索結果として得られますから、ざっと見渡すのに便利です。

 この検索では研究成果発表の情報の全てを検索に用いています。キーワードを指定して、検索ボタンをクリックすると、全てのキーワードを含む研究成果発表を多くしている人がリストアップされます(常に該当者全員が表示されるわけではありません)。

 キーワードにはできるだけ具体的な語を使ってください。例えば、単に「ダイヤモンド」という一般的なキーワードで検索すると、低摩擦抵抗物としてのダイヤモンドを研究している人たち、鉱物資源としてのダイヤモンドを研究している人たち、ダイヤモンド半導体を研究している人たち、と様々な人たちが該当してしまい、探したい研究者が紛れてしまいがちになります。

 また、英語で発表された研究成果は題名や概要が英語で書かれています。和文でうまく検索できないときには、英語のキーワードで検索してみてください。

 検索結果のリストについてはこちら

簡易検索画像

▲ ページトップへ

検索の種類

 検索には次の5種類があります。用途に合わせてお使いください。(詳細はマニュアルをご参照ください)

  • 簡易検索
    キーワードから、関連する研究成果発表を多くしている研究者を検索します。
  • 名前・所属による検索
    研究者の所属や名前が前もって判っている場合に、それらを元に研究者を検索します。
  • 研究成果発表による検索
    研究成果発表の題名などに基づいて研究者を検索します。また、研究成果を検索することもできます。
  • 知的財産権による検索
    知的財産権(特許等)の名称に基づいて研究者を検索します。また、知的財産権を検索することもできます。
  • プロフィール情報による検索
    所属学会、専門分野などのプロフィール情報に基づいて研究者を検索します。

▲ ページトップへ

 

名前・所属による検索

 判っている名前や所属(の一部)によって研究者を検索します。

 氏名のところには、漢字かひらがなで姓、名を入れてください。外国の方(名前が漢字表記でない方)を探す場合には、英文表記で入力ください。

 名前の漢字表記では、異字体が用いらているために検索がうまくいかない場合があります。(渡辺、渡邉、渡邊など)そうした場合には、ひらがなで入力してみてください。

 また、検索した時点での所属データを検索しています。産総研の組織改変や異動により所属が変わっている場合がありますが、そうした際に以前の所属を指定すると該当者が見つからないかもしれません。所属を空白にして、やり直してみてください。

 検索結果のリストについてはこちら

名前・所属による検索画像

▲ ページトップへ

 

研究成果発表による検索

 研究成果発表のデータを元に研究者を探したり、研究成果発表自体を探したりできます。簡易検索に比べ、検索条件を細かく設定することができます。

 検索条件には、以下の4種類があって、複数の条件が設定されると、それら全てを満たすものが検索されます。

  • 発表日
    研究成果発表がされた年度もしくは期間を指定します。何も指定しないと、全ての期間が対象となります。産総研発足以来の発表を対象にする場合には、「2004年04月~検索する日の年月」と指定してください。
  • 発表の種類
    誌上発表は、論文などです。Webジャーナル、Proceedingsや定期刊行の商業誌なども含みます。口頭発表は、学会での講演などです。ポスターセッションやパネルセッションのパネラーなども含みます。著書・刊行物は、単行本や報告書などを含みます。
  • 検索文字列
    必須項目ですので、必ず指定してください。検索文字列にはできるだけ具体的な語を使ってください。
  • 発表者の所属
    所属(あるいはその一部)を指定します。複数の所属が指定された場合、いずれかの所属の発表者が含まれる研究成果発表が対象になります。

 検索ボタンには、対象となる研究成果発表を多く発表した研究者を探す「研究者検索」と、研究成果発表自体を探す「成果検索」の2種類がありますので、いずれかをクリックしてください。 研究者検索では多くの発表をした代表的研究者がリストアップされます(常に該当者全員が表示されるわけではありません)。

 「研究者検索」の検索結果についてはこちら

 「成果検索」の検索結果についてはこちら

研究成果発表による検索画像

▲ ページトップへ

 

知的財産権による検索

 研究成果発表による検索と似ていますが、こちらは知的財産権の名称を元に検索します。知的財産権(産業財産権)は、研究成果の産業応用を意識して出願するものですので、産業化に近い研究活動という事ができると思います。

  • 検索文字列
    必須項目ですので、必ず指定してください。研究成果発表と異なり、知的財産権の名称には一般的な用語が用いられ、効果を表わす物質の固有名称など名称から知的財産権の内容が類推されるような語を含めないのが普通です。そのため、検索文字列には比較的一般的な語を使ってください。検索文字列で十分に絞り込めない場合には、所属の指定を併せてご利用ください。
  • 発表者の所属
    所属(あるいはその一部)を指定します。複数の所属が指定された場合、いずれかの所属の考案者が含まれる知的財産権が対象になります。

 検索ボタンには、対象となる知的財産権を多く考案した研究者を探す「考案者検索」と、知的財産権自体を探す「知的財産権検索」の2種類がありますので、いずれかをクリックしてください。考案者検索では、多くの考案をした代表的な研究者がリストアップされます(常に該当者全員が表示されるわけではありません)。

 「考案者検索」の検索結果についてはこちら

 「知的財産権検索」の検索結果についてはこちら

知的財産権による検索画像

▲ ページトップへ

 

プロフィール情報による検索

 専門分野や所属学会などのプロフィール情報から研究者を探します。

 専門分野の区分は、科学技術振興機構(JST)の研究開発支援総合ディレクトリ(ReaD)で用いられているものと同じです。大分類、分野の順でプルダウンメニューから選択してください。複数の専門分野が選択された場合、そのいずれかを専門分野にしている研究者が対象になります。

 専門分野を表わすキーワードは研究者本人が設定したものですので、こちらのほうがより具体的なものになっています。

 所属学会については、略称で入っている場合があります。

 条件を設定したら、「検索開始」ボタンをクリックしてください。該当する研究者がリストアップされます。

 検索結果のリストについてはこちら

プロフィール情報による検索画像

▲ ページトップへ