English

 

研究者データベース

研究者データベースは、産総研の研究人材を検索するシステムです。
「こんな研究をしている研究者が居るのか?居るとしたら誰?」という質問に答えられるようになっています。

研究者データベースへのリンクバナー
データベースの利用はここをクリック

ご利用条件

ご利用マニュアル

推奨ブラウザ(動作確認ができているブラウザ)は以下の通りです。

  • Windows:Netscape7 / InternetExplorer 5.5 SP2 or 6.0
  • Macintosh:Netscape7

概要

 産業技術総合研究所では、ライフサイエンス、情報通信・エレクトロニクス、ナノテクノロジー・材料・製造、環境・エネルギー、地質、計測・計量標準の6分野にわたる非常に広い範囲の研究活動が行われています。 それに携わる研究者は約3000人も居ます。 研究活動の範囲が広く、人数も多いことから、全員の研究活動を把握することが困難で、「こうゆう研究をしている人は、産総研に居るのだろうか」という質問に容易に答えられませんでした。

 本データベースはこの問題を解決すべく、研究内容から研究者を検索する機能を設計・構築し、産総研の研究人材に関する情報を提供するようにしたものです。

 本データベースは網羅的・継続的に収集している産総研から発表された研究成果、考案された知的財産権(特許等)の情報を活用しています。

 論文などの成果発表の題名や概要、あるいは考案した特許の名称には、おのずとその研究を表わす用語が含まれます。たとえば、「ダイヤモンド半導体」を研究しているの人なら、「ダイヤモンド半導体」という語がその人が発表した論文の題名や概要に含まれている可能性が高いと考えられます。そこで、「ダイヤモンド半導体」という語を含む発表を多くしている人は、「ダイヤモンド半導体」の研究をしている研究者であろうという推測に基づいて研究者を検索するようにしました。

 更に、研究者が自ら入力した専門分野や代表的業績などのプロフィール情報と、所属などの異動情報を加えてシステムが構築されています。 利用している研究成果発表などの情報の範囲と利用方法は以下のとおりです。

  • 研究成果発表
    • 産総研発足(2001.4.1)以降に発表されたもの (約8万件)
        検索に利用すると共に、情報を提供
    • 産総研発足以前(1991.4.1-2001.3.31)に発表されたもの (約13万件)
        研究者の検索にのみ利用
  • 産業財産権
    • 昭和23年以降に出願され、公開されているもの (約3万件)
        検索に利用すると共に、情報を提供

 データは毎日更新されています。(毎未明更新)

 格納されている研究者は、現在研究職として産総研に在職中の者です。既に退職された方、理事などの役員は含んでおりません。

検索の種類

 検索には次の5種類があります。 用途に合わせてお使いください。 (詳細はマニュアルをご参照ください)

  • 簡易検索
      キーワードから、関連する研究成果発表を多くしている研究者を検索します。
  • 名前・所属による検索
      研究者の所属や名前が前もって判っている場合に、それらを元に研究者を検索します。
  • 研究成果発表による検索
      研究成果発表の題名などに基づいて研究者を検索します。また、研究成果を検索することもできます。
  • 知的財産権による検索
      知的財産権(特許等)の名称に基づいて研究者を検索します。また、知的財産権を検索することもできます。
  • プロフィール情報による検索
      所属学会、専門分野などのプロフィール情報に基づいて研究者を検索します。

連絡先

  • 研究者と連絡を取りたい、研究内容について知りたい方
        研究者の所属ユニットにお問合せください
  • 共同研究、委託研究、技術指導など、産総研の研究者と連携を希望される方
        連携案内のページをご覧ください
  • 知的財産権のライセンスを受けたい方
        技術移転のページをご覧ください
  • 産総研の見学希望の方
        見学申し込みのページをご覧ください
  • 産総研で働いてみたい方
        採用情報のページをご覧ください。
  • 研究者DBについてのお問合せは、メールにて事務局へ

▲ ページトップへ