English

 

フェロー研究員

名誉フェロー

大塚 榮子(おおつか えいこ)

大塚 榮子(おおつか えいこ)の写真

経歴

  • 1963年 北海道大学医学部薬学科博士課程修了 薬学博士
  • 1963年 米国ウィスコンシン大学酵素研究所研究員
  • 1966年 北海道大学薬学部助教授
  • 1968年 大阪大学薬学部講師
  • 1976年 大阪大学薬学部助教授 
  • 1984年 北海道大学薬学部教授
  • 1999年 北海道大学名誉教授
  • 2000年 通商産業省工業技術院北海道工業技術研究所主任研究官
  • 2001年 産業技術総合研究所フェロー
  • 2004年 北海道大学監事
  • 2005年 産業技術総合研究所名誉フェロー
詳細情報

受賞

受賞年 受賞名 題目・理由
1989年 高松宮妃癌研究基金創立20周年記念特別学術賞 c-Ha-rasがん遺伝子産物、p2タンパク質の3次構造の決定
1992年 秋山記念生命科学振興財団賞 核酸合成による遺伝子機能の研究
1994年 日本薬学会学術賞 核酸の合成と機能に関する研究
1996年 日本学士院賞 核酸の合成と機能に関する研究 -合成ras遺伝子関連の研究を中心として-

産総研への貢献

  • 総合科学技術会議重点分野推進戦略専門調査会委員等の外部機関の委員を歴任し、産総研のプレゼンス向上に貢献。
  • 北海道バイオ21懇話会座長を務める等、産学官連携活動への貢献、 バイオウィークin Sapporoの開催と世界的に著名な講演者の招聘等により、北海道センターの認知度向上に貢献。
  • 審査会や連絡会等の場におけるコメントや助言による産総研全体のライフサイエンス分野の発展に貢献。
  • 後進の研究者の指導や北海道大学との連携強化により、北海道センターの研究アクティビティー向上に貢献。
  • 核酸工学研究グループ立ち上げまでの研究指導等、核酸化学分野の研究プロジェクトに貢献。

立矢 正典(たちや まさのり)

立矢 正典(たちや まさのり)の写真

経歴

  • 1967年 東京大学工学部原子力工学科卒業
  • 1973年 同大学院工学系研究科博士課程修了 工学博士
  • 1973年 Univ. of Notre Dame, Radiat. Lab.博士研究員
  • 1977年 東京工業試験所入所
  • 1991年 化学技術研究所首席研究官
  • 1994年 物質工学工業技術研究所基礎部長
  • 1997年 同次長
  • 2001年 産業技術総合研究所フェロー
  • 2010年 産業技術総合研究所名誉フェロー
  • この間、筑波大学、金沢工業大学及び上智大学の併任教授あるいは客員教授を歴任。1987年Hahn-Meitner Institute招聘研究員, 1988年Delft Univ. of Technology招聘研究員、1993年Univ. Paris Sud招聘教授、2004年Dartmouth College客員教授、2005年Univ. Pierre et Marie Curie招聘教授。1997年-2007年総括研究責任者としてCOE育成プロジェクト「光反応制御・光機能材料」を推進。
詳細情報

受賞

受賞年 受賞名 題目・理由
1989年 日本IBM科学賞 「凝縮相における反応のダイナミックスの理論的研究」
2008年 日本放射線化学会賞 「放射線化学における反応過程の理論的研究」
2010年 Maria Sklodowska-Curie Medal Outstanding Contribution to the Development of Radiation Research

研究内容の紹介

凝縮相における反応のダイナミックスの理論的研究に従事。主要な研究業績は以下の通り。

  1. ナノ非均一系における反応のダイナミックスという新しい学問分野を開拓し、「立矢の式」と呼ばれる理論式を導出した。この式は蛍光消光法を用いてミセルのサイズを決定するのに広く用いられている。
  2. 反応分子と溶媒との動的相互作用と反応のダイナミクスとの関係について研究し、イオン再結合反応に対するDebye理論やOnsager理論を一般化した。この理論によって今まで説明できなかった実験結果を統一的に説明した。
  3. 電子移動反応に対する溶媒の静的及び動的効果について研究し、Marcus理論を深化して電子移動反応理論のパラダイム転換を行った。

近藤 淳(こんどう じゅん)

近藤 淳(こんどう じゅん)の写真

経歴

  • 1954年 東京大学理学部物理学科卒業
  • 1959年 同大学院数物系研究科博士課程修了 理学博士
  • 1959年 日本大学理工学部助手
  • 1960年 東京大学物性研究所助手
  • 1963年 通商産業省工業技術院電気試験所入所
  • 1981年 工業技術院電子技術総合研究所基礎部電子物理研究室長
  • 1988年 同所首席研究官
  • 1990年 同所顧問
  • 2001年 産業技術総合研究所特別顧問
  • 2013年 産業技術総合研究所名誉フェロー
  • 1966年~1967年 米国ベル電話研究所研究員
  • 1976年~1977年 東京大学工学部物理工学科 併任教授
  • 1990年~1995年 東邦大学理学部物理学科教授
  • 1995年~     同大学名誉教授
  • 1997年~     日本学士院会員
  • 2009年~     米国科学アカデミー(NAS)外国人会員
詳細情報

受賞

受賞年 受賞名
1965年 山路科学奨励賞受賞
1968年 仁科記念賞受賞
1973年 日本学士院賞・恩賜賞受賞
1973年 通商産業大臣賞受賞
1980年 朝日賞受賞
1984年 藤原賞受賞
1987年 Fritz London賞受賞
1991年 Acta Metallurgica金メダル受賞
2003年 文化功労者顕彰

研究内容の紹介

 金属中では温度が低くなるほど伝導電子は流れやすく(電気抵抗は小さく)なるという一般原則に反し、温度を下げていくとある温度以下で電気抵抗が増大する「電気抵抗の極小現象」を示す磁性合金が存在するという長年の謎に対し、1964年、金属中に微量に含まれる磁性原子の電子スピンによる伝導電子散乱が、低温領域では電気抵抗を温度の対数関数として上昇させることを発見し、温度が下がると共に減少する原子振動による散乱との和が電気抵抗に極小を出現させることを明らかにし、「電気抵抗の極小現象」を理論的に解明した。電気抵抗極小現象に関連した多くの異常特性は「近藤効果」と呼ばれている。
 この理論は、1立方センチメートルの金属内に存在する約1024個という途方もない数の電子の振る舞いを扱うものであり、学術的に見て「多体問題」と呼ばれる分野に属し、同じ多体問題研究のフロンティアである素粒子物理学や理論化学等の固体物理学以外の研究分野にも大きなインパクトを与えている。

浅島 誠(あさしま まこと)

浅島 誠(あさしま まこと)の写真

経歴

  • 1967年 東京教育大学理学部卒業
  • 1972年 東京大学理学系大学院博士課程修了(理学博士)
  • 1972年 ドイツ・ベルリン自由大学分子生物学研究所研究員
  • 1974年 横浜市立大学文理学部助教授
  • 1986年 横浜市立大学文理学部教授
  • 1993年 東京大学教養学部教授
  • 1996年 東京大学大学院総合文化研究科教授
  • 1999年 東京大学大学院総合文化研究科 評議員(兼任)
  • 2001年 東京大学大学院総合文化研究科 学部長特別補佐
  • 2003年 東京大学大学院総合文化研究科長・教養学部長
  • 2005年 日本学術会議副会長
  • 2006年 産業技術総合研究所器官発生工学研究ラボ長
  • 2007年 東京大学理事・東京大学副学長
  • 2009年 産業技術総合研究所フェロー
  • 2010年 産業技術総合研究所 幹細胞工学研究センター長 兼任 筑波大学 生命領域学際研究センター長
  • 2011年 独立行政法人日本学術振興会 理事
  • 2013年 産業技術総合研究所名誉フェロー
詳細情報

受賞

受賞年 受賞名
1990年 日本動物学会賞
1990年 井上学術賞
1990年 Man of the Year 1991 (USA ABI)
1994年 木原記念学術賞
1994年 ジーボルト賞(ドイツ政府)
1999年 東レ科学技術賞
2000年 持田記念医学薬学学術賞
2000年 内藤記念学術賞
2000年 有馬啓バイオインダストリー協会賞
2001年 上原賞
2001年 学士院賞 恩賜賞
2001年 紫綬褒章
2002年 比較腫瘍学常陸宮賞
2008年 エルビィン・シュタイン賞
2008年 文化功労者
2013年 日本再生医療学会功績賞

研究内容の紹介

  1. 中胚葉誘導因子としてのアクチビンの同定。
  2. アクチビンを未分化細胞(アニマルキャップ)で処理した時、濃度依存的に血球から筋肉、脊索などを勾配をもって分化させた。
  3. アクチビンとレチノイン酸の共処理で未分化細胞に与えることによって前腎を試験管内で分化させ、腎形成に関与する遺伝子をクローニングし、多数解析した。また、2つの物質を時間差処理によってインスリンなどホルモンを分泌する膵臓も分化させた。
  4. 動物の形づくりの中で重要な部域性、つまり頭部、胴尾部構造をつくることを可能にした。
  5. 他に未分化細胞(アニマルキャップ)から肝臓、腸などの内胚葉の他に、拍動する心臓、感覚器官としての目、耳など17種類の器官や組織を in vitro系でつくることを可能にした。
  6. それら in vitro系でつくった前腎や心臓などのいくつかの器官について、予定原基除去胚に移植して、機能することを示した。
主な著書

「発生とその仕組み」、「現代の生物学」、「生物学24講」 共著
「発生生物学」朝倉書店
「現代の発生生物学-英語論文セミナー」共編
「発生のしくみがみえてきた」岩波書店
「分子発生生物学」裳華房
他多数

十倉 好紀(とくら よしのり)

十倉 好紀(とくら よしのり)の写真

経歴

  • 1981年 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程修了
  • 東大工学部物理工学科助手・講師を経て、1986年東大理学部物理学科助教授、1994年同教授を経て、1995年より東大工学部物理工学科教授
  • 1993年-2002年アトムテクノロジー(工技院融合研)グループリーダーおよびフィールドリーダー併任
  • 2001年-2008年産業技術総合研究所 強相関電子技術研究センター長併任
  • 2007年より理化学研究所グループディレクター併任
  • 2008年 産業技術総合研究所フェロー
  • 2015年 産業技術総合研究所名誉フェロー
詳細情報

受賞

受賞年 受賞名 題目・理由
1990年 仁科記念賞 「電子型高温超伝導体の発見」
1990年 IBM科学賞 「高温超伝導物質の一般則の発見」
1991年 Bernd Matthias Prize 「高温超伝導体の普遍性の実証」
1998年 日産科学賞 「酸化物巨大磁気抵抗の発見と機構解明」
2002年 朝日賞 「強相関電子物質の研究」
2003年 紫綬褒章 「物性物理学研究功績」
2005年 James C. McGroddy Prize for New Materials 「新しいスピン電荷秩序をもつ遷移金属酸化物の創製」

研究内容の紹介

強相関電子系での電子相転移現象とその応用学理の研究に従事してきた。たとえば、光誘起相転移現象、巨大光非線形物質、電子型高温超伝導体、高温超伝導物質の一般則とその応用、遷移金属酸化物モット転移系の物性、酸化物巨大磁気抵抗(CMR)効果と機構解明、軌道秩序と軌道液晶状態見、マルチフェロイックス巨大電気磁気効果、有機分子性強誘電体などの研究。

中西 準子(なかにし じゅんこ)

中西 準子(なかにし じゅんこ)の写真

経歴

  • 1961年 横浜国立大学工学部化学工業科卒業
  • 1967年 東京大学大学院工学系研究科合成化学専攻博士課程修了(PhD)
  • 1967年 東京大学工学部都市工学科助手
  • 1993年 東京大学環境安全研究センター・工学系大学院都市工学専攻課程教授
  • 1995年 横浜国立大学環境科学研究センター教授
  • 2001年 産業技術総合研究所 化学物質リスク管理研究センター長
  • 2008年 同安全科学研究部門長
  • 2011年  産業技術総合研究所フェロー
  • 2010年~現在 横浜国立大学名誉教授
  • 2015年  産業技術総合研究所名誉フェロー
詳細情報

受賞

受賞年 受賞名
1980年 藤田賞(東京市政調査会)
1992年 吉村証子賞
2003年 紫綬褒章(平成15年4月29日 春の褒章)
2003年 環境科学会学術賞
2004年 日本リスク研究学会 学会賞
2004年 毎日出版文化賞
2004年 日経BP・BizTeck 図書賞
2008年 横浜文化(学術)賞
2010年 文化功労者

研究内容の紹介

水質汚濁の解析、工場排水処理などの研究を経て、下水道システムの研究に進んだ。「水循環を促進する下水道を作るべき」という主張の下に、巨大下水道に反対し、個人下水道の必要性を説き、わが国の下水道計画に大きな影響を与えた。
その後、環境問題は互いにトレードオフの関係にあることから、その解決のためには、様々な環境影響をリスクとして定量化し、複数のリスクの調整を図る必要があると主張し、 環境リスク評価・管理を目的とする環境リスク管理学の分野を切り開いた。「人の損失余命」と「生物種の絶滅確率」という人の健康と自然環境に対するリスク評価軸を提案・確立し、リスク・ベネフィットを考慮したリスク管理の方策についての研究をし、わが国が直面する環境問題に対し積極的な意見を述べている。

主な著書

<単著>

「食のリスク学」日本評論社(2010)
「環境リスク学-不安の海の羅針盤」日本評論社(2004)
「環境リスク論―技術論からみた政策提言」岩波書店(1995)
「水の環境戦略 (岩波新書)」岩波書店(1994)
「東海道 水の旅(岩波ジュニア親書)」岩波書店(1991)
「いのちの水―新しい汚染にどう立ち向かうか」読売新聞社(1990)
「飲み水が危ない」岩波書店(1989)
「下水道―水再生の哲学」朝日新聞社出版局(1983)
「都市の再生と下水道」日本評論社(1979)

<共著>

「演習 環境リスクを計算する」岩波書店(2003)
「詳細リスク評価書シリーズ」全25巻 丸善株式会社

飯島 澄男(いいじま すみお)

飯島 澄男(いいじま すみお)の写真

経歴

  • 1963年 電気通信大学電気通信学部電波通信学科卒業
  • 1968年 東北大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了
  • 1968年 東北大学科学計測研究所助手
  • 1970年 米国アリゾナ州立大学固体科学研究センター研究員
  • 1982年 新技術開発事業団(現 科学技術振興機構)創造科学推進事業 林超微粒子プロジェクト基礎物性グループグループリーダー
  • 1987年 NEC特別主席研究員
  • 1998年 名城大学教授
  • 2001年 産業技術総合研究所新炭素系材料開発研究センター長
  • 2004年 産業技術総合研究所ナノカーボン研究センター長
  • 2007年 名古屋大学特別招へい教授
  • 2008年 産業技術総合研究所ナノチューブ応用研究センター長
  • 2015年 産業技術総合研究所名誉フェロー
  • 1979年4月~1979年10月 英国ケンブリッジ大学客員研究員
  • 2005年~2012年 成均館大学(韓国)ナノテクノロジー先端技術研究所所長
詳細情報

受賞

受賞年 受賞名
1976年 バートラム ワーレン賞(米国結晶学会)
1985年 仁科記念賞
1997年 朝日賞
1999年 つくば賞
2002年 マックグラディ新材料賞(米国物理学会)
2002年 アジレント欧州物理学賞(欧州物理学会)
2002年 フランクリンメダル・物理学賞(フランクリン協会)
2002年 恩賜賞・日本学士院賞
2003年 文化功労者顕彰
2004年 科学技術功績メダル(米国炭素学会)
2007年 第48回藤原賞
2007年 グレゴリー・アミノフ賞(結晶学)(スウェーデン王立アカデミー)
2007年 2007 バルザン賞(ナノサイエンス部門)(国際バルザン財団)
2008年 カブリ賞(ナノサイエンス部門)2008(カブリ財団)
2008年 アストゥリアス皇太子賞(科学・技術部門)2008(アストゥリアス財団)
2009年 文化勲章
2015年 European Inventor Award(欧州発明家賞)外国人発明家賞

研究内容の紹介

 1991年に高性能電子顕微鏡を用いて、当時、注目を浴びていたフラーレン分子を合成するアーク放電チャンバー中の電極堆積物の中から、直径が数ナノメートルの針状結晶を発見し、その構造が螺旋をもつチューブの構造であることを明らかにした。カーボンナノチューブを発見しただけでなくその構造を明らかにしたことは、カーボンナノチューブの電子的特性の理論的予測へと発展し、多くの研究者を引きつけ、物理から化学、エレクトロニクス分野等の大きな広がりを持った研究分野を創出し、産業応用でもフラットパネルディスプレイ(薄型壁掛けテレビ)、燃料電池など、様々な応用が開発されている。

金出 武雄(かなで たけお)

金出 武雄(かなで たけお)の写真

経歴

  • 1974年 京都大学 電子工学科 博士課程修了 工学博士
  • 1976年 同 助教授
  • 1980年 カーネギーメロン大学計算機科学科・ロボット研究所高等研究員
  • 1985年 同 教授
  • 1992年 カーネギーメロン大学ロボティクス研究所 所長 (2001年まで)
  • 1993年 カーネギーメロン大学 U.A. and Helen Whitaker 記念教授
  • 1998年 同 U.A. and Helen Whitaker 記念全学教授
  • 2001年 産業技術総合研究所デジタルヒューマン研究ラボ長 (非常勤)(2003年まで)
  • 2003年 産業技術総合研究所デジタルヒューマン研究センター長(非常勤)(2010年まで)
  • 2006年 カーネギーメロン大学生活の質工学研究センター長 (2012年まで)
  • 2010年 産業技術総合研究所特別フェロー (2015年まで)
  • 2015年 産業技術総合研究所名誉フェロー
詳細情報

受賞

受賞年 受賞名
1991年 Marr 賞
1995年 全米ロボット工業会ジョセフ・エンゲルバーガー賞
1997年 全米工学アカデミー外国特別会員2000年 C & C 賞
2003年 IEEE ロボットとオートメーション・ソサイティ、 パイオニア賞
2004年 船井情報科学振興財団 船井業績賞、アメリカ科学振興協会会員
2004年 日本人工知能学会業績賞
2006年 IEEE 国際計算機視覚会議、ローゼンフェルド生涯業績賞
2006年 IEEE 計算機視覚とパターン認識国際会議ロンゲットヒギンズ賞
2007年 大川情報通信基金大川賞
2008年 フランクリン協会、フランクリンメダル・バウアー賞
2010年 立石科学技術振興財団、立石賞特別賞
2011年 ACMと全米人工知能学会アレン・ニューウェル賞

研究内容の紹介

顔認識、MPEGなどに使われるもっとも基本的な特徴点追跡手法、仮想化現実、アメリカ大陸横断自動走行車「NAVLAV」、自律ヘリコプター、アイビジョン、手術ロボットなど、最先端の知能ロボットやメディアの基礎的理論から応用までを世界に先駆けて開発したロボット工学、コンピュータビジョン、人工知能の世界的権威。DARPAプロジェクト等の大型プロジェクトの運営や産官学との研究協力体制の構築にも貢献。産業技術総合研究所においては、デジタルヒューマン研究センターを創設し、初代研究センター長として人間の計算機モデルを開発。人間の機能と行動を記述・分析・シミュレート・予測する研究を先導するとともに、その独創的な指導により、コンピュータサイエンス・ロボット工学分野の研究者を多数育成。


▲ ページトップへ

フェロー

清水 敏美(しみず としみ)

清水 敏美(しみず としみ)の写真

経歴

  • 1975年 京都大学工学部高分子化学科卒業(1984年 京都大学工学博士)
  • 1977年 京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻修士課程修了
  • 1977年 工業技術院繊維高分子材料研究所入所
  • 1990年 アレキサンダー・フォン・フンボルト財団博士研究員(ドイツ・ベルリン自由大学)(~1991年 )
  • 1994年 工業技術院物質工学工業技術研究所 有機材料部有機機能解析研究室長
  • 1997年 筑波大学化学系 併任教授(~2013年)
  • 2001年 産業技術総合研究所 界面ナノアーキテクトニクス研究センター 研究センター長
  • 2008年 産業技術総合研究所 研究コーディネータ(ナノテクノロジー・材料・製造分野担当)
  • 2010年 産業技術総合研究所 ナノテクノロジー・材料・製造分野副研究統括
  • 2013年 産業技術総合研究所フェロー
詳細情報

受賞

受賞年 受賞名
1998年 平成10年度通商産業大臣表彰(研究業務優秀者)
1999年 科学技術庁第58回注目発明選定証
2002年 平成13年度高分子学会賞(科学)
2007年 平成18年度日本化学会学術賞
2013年 平成25年度高分子学会三菱化学賞

研究内容の紹介

これまで二官能性モノマーを原料とする非共有結合型高分子の創製と設計、自己集積性モノマーから一次元ナノ構造への分子組織化、さまざまな有機ナノチューブ材料の創製と機能発現に関する研究開発に従事。
特に、経済産業省製造産業局の「独創的高機能材料創製技術(ポリマーオブジェクト)」プロジェクト(1996~2001年度)、(独)科学技術振興機構の戦略的創造研究推進事業(CREST)「一次元孤立微小空間構造の組織化と機能発現」(2000~2005年度)、戦略的創造研究推進事業発展研究(SORST)「超分子ナノチューブアーキテクトニクスとナノバイ応用」(2005~2010年度)において研究代表者を務める。

福田 道子(ふくだ みちこ)

福田 道子(ふくだ みちこ)の写真

経歴

  • 1968年 東京教育大学理学部植物学科卒業
  • 1970年 東京大学理学系大学院生化学修士課程修了
  • 1970年 昭和大学薬学部助手
  • 1975年 Yale University School of Medicine、研究補助員
  • 1977年 Fred Hutchinson Cancer Research Center 研究補助員
  • 1980年 Fred Hutchinson Cancer Research Center ポストドクター
  • 1982年 La Jolla Cancer Research Foundation 主任研究助手
  • 1983年 La Jolla Cancer Research Foundation 助教
  • 1994年 Sanford-Burnham Medical Research Institute 教授
  • 2014年 産業技術総合研究所糖鎖創薬技術研究センター長
  • 2014年 産業技術総合研究所フェロー
詳細情報

研究内容の紹介

癌細胞表面の糖鎖構造と癌の転移の関係を明らかにする研究を行なってきた。その過程で新しい分析技術の開発と多くの新規糖鎖構造の発見を成し遂げた。これらの研究と並行して、産婦人科関連の研究、特にヒト胚の子宮内膜への接着に関する研究を手がけた。最近では橋渡し研究を目指した研究として、糖鎖模倣ペプチドによる悪性腫瘍治療薬の開発と子宮内膜症の治療薬の開発を行い、いずれも前臨床試験の段階に進んでいる。

▲ ページトップへ