English

 

つくばセンター

イノベーション推進本部

上席イノベーションコーディネータ

渡利 広司(わたり こうじ)の写真

渡利 広司(わたり こうじ)

専門分野

  • ナノテク・材料・製造分野
  • 材料科学
  • プロセス技術
  • 無機材料
  • 無機/有機ハイブリット材料
詳細情報

プロフィール

1990年工業技術院 名古屋工業技術試験所に入所し、名古屋工業技術研究所、ペンシルバニア州立大学、産業技術総合研究所おいてセラミックス材料の研究開発に従事。
日米共同研究、企業との大型共同研究、NEDOプロジェクト等の研究リーダーを担当。
2009年産総研 イノベーション推進本部 総括企画主幹として産総研大型プロジェクトのオペレーション、研究戦略の取りまとめ等担当。
2011年民間企業において技術調査等を担当。
現在に至る。

学位等

  • 工学博士
  • 米国セラミックス学会 Fulrath賞受賞
  • MRS Guest Editor等

コメント

産総研は要素技術と頭脳の宝庫です。御社が目指す新事業に積極的に貢献させて頂きたいと思います。

お問合せ

E-mail:koji-watari*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:『産総研Today』「社会に連動した産学連携モデルを創る [ PDF:969KB ]
米田 晴幸(よねだ はるゆき)の写真

米田 晴幸(よねだ はるゆき)

専門分野

  • 高分子化学
  • 機能性高分子(合成、応用)
詳細情報

プロフィール

2011年 化学系民間企業から産総研に入所
産総研発技術によるベンチャーの創業、支援業務を実施
現在に至る

学位等

  • 工学博士
  • 高分子学会賞受賞
  • 高分子学会フェロー
  • 米国化学会Heroes Of Chemistry

コメント

産業界の皆様の課題に関して、自らの企業での経験を武器に、産総研の持てる力を有効に引き出すことで、解決のためのお役に立ちたいと考えております。

お問合せ

E-mail:h-yoneda*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:『産総研Today』「ベンチャー創業・支援活動の難しさと楽しさ [ PDF:933KB ]
宮崎 芳徳(みやざき よしのり)の写真

宮崎 芳徳(みやざき よしのり)

専門分野

  • 地球科学(リモートセンシング等)
  • 地球環境
  • 資源工学(物理探査、地球物理、地熱等)
  • 地球システム工学
詳細情報

プロフィール

1979年 東京大学大学院工学系研究科修士課程資源開発工学専攻修了
1979年 米国スタンフォード大学大学院博士課程(Earth Science)入学
1985年 米国スタンフォード大学大学院博士課程(Earth Science)Ph.D.取得
1984年 通産省工業技術院地質調査所
1988年 通産省工業技術院総務部(サンシャイン計画推進本部)
1996年 通産省工業技術院総務部 国際研究協力企画官
2000年 通産省工業技術院地質調査所 国際協力室室長
2002年 独立行政法人産業技術総合研究所 監査室長(理事長直属)
2005年 独立行政法人産業技術総合研究所 国際部 国際関係室長
2010年 独立行政法人産業技術総合研究所 国際部 次長
2012年 独立行政法人産業技術総合研究所 国際部 部長
2011年-2013年 リモートセンシング学会 副会長
2014年-   タイ、バンコクにて産総研のアジア拠点として活躍中(@TISTR, NSTDA)

学位等

  • 米国スタンフォード大学大学院博士課程(Earth Science)Ph.D.取得
  • 米国公認監査士(CIA:Certified Internal Auditor)

コメント

産総研のグローバル化、国際化に尽力し、世界における産総研の存在を高め、とくに産総研のアジア展開に努め、企業連携、オープンイノベーションハブ、優秀な人材獲得、中小企業支援、科学技術外交などを目指します。
タイでは、TISTR(タイ科学技術研究所)とNSTDA(タイ国立科学技術開発庁)を拠点として、NEDO・JETRO・JICA・JST・JSPS・大使館等と連携して、活動していますので、アジア展開の際には、ぜひお声がけ下さい。

個人ホームページ

樋口 哲也(ひぐち てつや)の写真

樋口 哲也(ひぐち てつや)

専門分野

  • 情報分野
  • 情報技術
  • 人工知能等
詳細情報

プロフィール

1984年電子技術総合研究所入所。並列連想プロセッサによる人工知能応用処理、進化型ハードウェア、国プロ(RWC,MIRAI)、パターン認識処理、電力線通信、スマートグリッドの研究開発等に従事。

学位等

  • 工学博士

コメント

これまでの産官学連携の経験を生かして、産総研の技術を産業界に技術移転し、実用化することに取り組んで行きたいと思っています。

お問合せ

E-mail:t-higuchi*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:『産総研Today』「産業構造の変化に即応する技術移転を目指して [ PDF:837KB ]
綾 信博(あや のぶひろ)の写真

綾 信博(あや のぶひろ)

専門分野

  • ナノテクノロジー・材料・製造分野
  • エネルギー・環境分野
  • 計測分野
  • 情報分野
  • 微粒子
  • 光計測
  • 流体
  • 数値計算
  • 情報技術
詳細情報

プロフィール

1989年工業技術院入所、これまで主に、微粒子工学、製造プロセス技術、情報技術の研究開発に従事

学位等

  • 工学博士

個人ホームページ

『産総研Today』
尾崎 浩一(おざき こういち)の写真

尾崎 浩一(おざき こういち)

専門分野

  • 機械工学
  • ものづくり
  • 加工技術
  • エネルギー機械
詳細情報

プロフィール

1980年工業技術院機械技術研究所に入所。以来、機械要素、エネルギー機械、微小機構、加工技術、ものづくり現場の支援技術に関する研究開発に従事した。
2003年~2011年には、産総研ものづくり先端技術研究センター等の活動として、中小製造業の加工現場の技術力向上を目的として高度な加工技術情報を集積した「加工技術データベース」を産学官の専門家の協力で構築し、インターネットに公開、その普及活動に従事した。
2012~13年度は、産学官連携推進部産学・地域連携室長として、産総研の地域中小企業支援に関する各種活動の計画策定と実行の取りまとめに従事した。

学位等

博士(工学)

コメント

産総研には幅広い分野に、数多くの研究者がいます。いろいろな分野の研究者やコーディネータと協力して、中小企業を含めた企業の皆さまのニーズに答えるマッチングを図っていきたいと考えております。何なりとご連絡ください

お問合せ

Tel:029-861-7076
E-mail:k.ozaki*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:
山田 澄人(やまだ すみと)の写真

山田 澄人(やまだ すみと)

専門分野

  • メディカル・ヘルスケア分野
  • ICT分野
  • 競争戦略・技術経営(MOT)
詳細情報

プロフィール

2015年 精密機器/高機能材料系民間企業から産総研に入所。メディカル・ヘルスケア分野を中心に、民間企業との連携強化/橋渡し活動に従事。

学位等

  • 工学修士

コメント

民間企業での「新製品要素技術開発から商品展開/及び技術戦略部門長の経験」を活かし、産総研保有の先端技術を民間企業と連携して結実させ、社会に貢献していきたいと思います。

お問合せ

E-mail:sumito.yamada*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
米満 潤(よねみつ じゅん)の写真

米満 潤(よねみつ じゅん)

専門分野

  • 画像処理
  • LSI開発
  • 事業アライアンス
  • 新規事業開発
詳細情報

プロフィール

民生機器メーカーにて、画像圧縮方式MPEGの研究・標準化、DVD/Blu-Ray事業アライアンスなどを担当
2013年 産総研 ベンチャー開発特別顧問
2014年 民生機器企業との連携を担当

コメント

  1. 集中と選択を迫られている研究開発部門のポートフォリオ拡大
  2. 新規事業部門へのコア技術・ノウハウの提供、人間工学的な手法によるサービスプロセスの科学的検証
など、ビジネス変革が必須の民生機器企業への貢献と、それを通して、真に日本の産業をリードし続けられる産総研の研究テーマへの変革を図っていきます。
 

お問合せ

Tel:029-862-6080
E-mail:jun.yonemitsu*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
陶山 一雄(すやま かずお)の写真

陶山 一雄(すやま かずお)

専門分野

  • 海外進出・企業コンサルタント
詳細情報

プロフィール

1981年 ソニー株式会社入社
1993年にメキシコに赴任し、1994年からソニーメキシコにて事業立ち上げ要員として勤務。
1998年 ソニー・マーケティング・アジア・パシフィック(シンガポール)にてダイレクターとして、拠点ビジネスの遂行。
2001年 ソニ・マレーシア社長(現地販売会社)就任。
2004年 ソニー・タイ販売会社社長(同時にタイ・グループ代表兼務)
2007年の暮れに日本に戻り、事業部の副部門長として、海外含む営業責任者に就任。
2013年にソニーを退職して、独立・企業。JETRO様の海外進出PJの専門家として従事。
現在に至る。
 

コメント

各企業の方にとって一番難しく、最も重要な中期計画を、出来るだけ、違うアングルで見ながら、ご一緒に検討させて頂ければと考えます。

個人ホームページ

E-mail:kazuo.suyama*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
 Lorenz Granrath(ロレンツ グランラート)の写真

Lorenz Granrath (ロレンツ グランラート)

専門分野

  • 技術経営(MOT)
  • 技術交流と保護
詳細情報

プロフィール

学歴
1990年 カールスルーエ大学(ドイツ) 経営工学修士号取得
1994年 ザンクト ガレン大学(スイス) 経営学博士号取得
職歴
1990−94年 GPS AG(スイス、ザンクトガレン);Balzers AG(リヒテンシュタイン); ザンクト ガレン大学
コンサルタント/アシスタント(ドイツ及びスイスにおける企業の生産・戦略・マーケティング)
1992−93年 東京大学 客員研究員
1995−97年 ABB-STOTZ KONTAKT GmbH(ドイツ、ハイデルベルク) 新技術プロジェクトマネージャー
1997−2001年 GMDドイツ国立情報処理研究所(ドイツ、ザンクト アウグスティン)(2001年フラウンホーファーと統合)東アジア担当
2001−2013年 フラウンホーファー日本代表部 代表
2014年より現職

学位等

  • 経営工学修士
  • 博士(技術経営学)

お問合せ

E-mail:lorenz.granrath*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
黒島 光昭(くろしま みつあき)の写真

黒島 光昭(くろしま みつあき)

専門分野

  • 企業調査
  • 投資運用分野
  • 廃棄物・廃水処理分野
  • リサイクル分野
詳細情報

プロフィール

1992年、州立ハワイ大学大学院、現地ベンチャー、JSTにて廃水処理技術の研究開発に従事。
1998年、大手水処理会社に入社後、新事業推進本部にて廃水・廃棄物リサイクルの事業開発に従事。
2008年、投資信託ベンチャー企業に入社後、企業アナリスト、運用調査部長、代表取締役社長とキャリアアップしながら投資運用業務に従事。「世の中にとって本当に無くてはならない企業」の徹底調査を実施し100~200社への投資運用を実施。
2013年、一般財団法人職員としてベンチャー企業の支援業務に従事。
 

学位等

  • 博士(農学)
  • 1992年皇太子奨学金奨学生

コメント

「事業開発」という観点で、産総研は技術シーズの宝庫であり大切な国家資産です。シーズ由来の「何らか価値創造」を提案し、世の中にとって無くてはならない企業様に橋渡しをすることが私の役割です。研究者・技術者の思いが実体経済の現場で続々と花開いていくような世の中作りに貢献いたします。  

福井 実(ふくい みのる)の写真

福井 実(ふくい みのる)

専門分野

  • 高機能価値商品開発(高機能材料、加工技術、価値商品設計)
  • 感性工学
詳細情報

プロフィール

1981年大手化学メーカー入社。繊維機能加工、機能商品開発と事業化を経験。
2005年から5年間、中国海外子会社で社長、会長として経営を経験。
2010年から16年 繊維事業の研究所所長、センター長歴任。素材力、技術力を生かした最終商品としての価値創出研究を陣頭指揮。
2016年7月より 産総研に上席ICとして入所。
 

学位等

  • 理学修士

コメント

民間企業での研究開発と研究マネジメント、事業化、および経営経験も活かし、産官学連携の橋渡しを通じて、価値ある新ビジネス創出の協力をさせていただければと思っております。 

お問合せ

Tel:072-751-8820
E-mail:minoru-fukui*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

イノベーションコーディネータ

佐脇 政孝(さわき まさたか)の写真

佐脇 政孝(さわき まさたか)

専門分野

  • 地域科学技術政策
  • 研究開発戦略
  • 公共経済学
詳細情報

プロフィール

2005年 4月 民間シンクタンク勤務を経て産業技術総合研究所に入所。第3期中期計画、地域事業計画策定、各種調査に従事
2011年10月 関東経済産業局 産業技術総括調査官(出向)
2014年 4月から 現職

コメント

技術の専門家ではありませんが、広い意味で「技術の使い方」を研究してきました。また「地域振興」についても様々に関わってきました。皆様の課題について一緒に悩むところから始められたらと思います。お気軽にお声をおかけください。

お問合せ

E-mail:masataka-sawaki*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
粟津 浩一(あわづ こういち)の写真

粟津 浩一(あわづ こういち)

専門分野

  • 材料科学
  • ガラス
  • センサ
  • 分析化学
  • ナノ加工
  • 加速器
  • 量子ビーム
詳細情報

プロフィール

1991年 電子技術総合研究所入所、研究企画室長、副研究部門長を経て現在産学官・国際連携推進部次長。これまで無機材料工学、量子ビーム応用、ナノ加工に従事。現在はナノ加工技術、光技術研究研究の応用として携帯型ウイルスセンサ開発も行っている。在外ではモントリオール大学招聘研究員、NEDO電子情報技術開発室主任研究員、分子科学研究所客員教授、東京大学客員教授を歴任。

学位等

  • 工学博士

コメント

国際連携も担当しております。

お問合せ

Tel:029-861-5650
E-mail:k.awazu*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:個人のページ
池上 敬一(いけがみ けいいち)の写真

池上 敬一(いけがみ けいいち)

専門分野

  • 材料・化学
  • 表面・界面
  • 評価解析
詳細情報

プロフィール

1985年理学系研究科物理学専門課程修士課程修了、同年電子技術総合研究所入所、1995年フランスCNRSポールパスカル研究所(1年間)、1999年電子技術総合研究所企画室長補佐(1年間)、2005年経済産業省研究開発課研究開発調査官(2年間)、2010年ナノシステム研究部門副研究部門長(5年間)、2015年から現職。

学位等

  • 博士(理学)

コメント

大学院では高ドープSiの超低温における金属絶縁体転移という基礎物理学の研究をしていましたが、電子技術総合研究所(当時)に入所後は大きく方向性を変え、化学技術研究所(当時)の方々と共同で界面活性剤を用いた機能性有機薄膜の研究に従事してきました。また、経済産業省出向時には、ナノテクノロジープログラム、部材プログラム、化学物質管理プログラム(プログラムは複数のプロジェクトを束ねたもの)の担当として数多くの国家プロジェクトの立案や運営に関与するとともに、NEDO若手グラントの担当としてITやライフサイエンス分野を含む様々な研究に接する機会を得ました。これらの経験を活かして、企業様のコア技術と産総研のシーズとの異分野「新結合」による新規事業の創出に貢献して参りたいと考えています。

お問合せ

Tel:029-861-5545
E-mail:k.ikegami*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
橋本 亮一(はしもと りょういち)の写真

橋本 亮一(はしもと りょういち)

専門分野

  • ライフサイエンス分野
  • 人間工学
  • ヒューマンインターフェース
詳細情報

プロフィール

2001年 産業技術総合研究所人間福祉医工学研究部門
(2004~2005 NEDO出向)
2007年 産学官連携推進部門
2012年4月から現職
(2015年4月から中小企業連携室長を兼務)

コメント

中堅企業様やグローバルニッチトップ企業様との連携に取り組んでいます。

お問合せ

E-mail:hashimoto-ryoichi*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

エネルギー・環境領域

イノベーションコーディネータ

内藤 茂樹(ないとう しげき)の写真

内藤 茂樹(ないとう しげき)

専門分野

  • エネルギー環境分野
  • 有機合成化学
  • 高分子化学
  • エポキシ樹脂
  • 接着剤、複合材
  • 分析化学
  • GSC分野
詳細情報

プロフィール

1980年3月京都大学工学部合成化学科修士了。化学系民間企業にて34年間勤務し、定年後2014年8月に入所。企業の研究に関して、新規テーマの探索・開発・起業化研究の全てに関わり、マネジメント歴25年。分析部門、研究所運営の間接部門も含めて経験。特許、化学品安全等については研究を通じて、実務経験により詳しい。その間にERATOのプロジェクトにて2年余り研究に従事し、化学系財団法人の事務局運営を4年間務め、NEDO,JSTのプロジェクトに関与した。2014年8月より環境・エネルギー分野企画室の連携主幹を経て、2015年4月より現職。

コメント

技術・研究開発がビジネスに繋がらない我が国の現状を革新する方策を志向し、日々のコーディネート活動を行いたいと思います。

お問合せ

E-mail:shigeki-naitou*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
袖岡 賢(そでおか さとし)の写真

袖岡 賢(そでおか さとし)

専門分野

  • 材料工学
  • 耐熱鋼
  • セラミックス複合材料
  • セラミックコーティング
詳細情報

プロフィール

1984年 工業技術院大阪工業技術試験所入所
ガスタービン,ジェットエンジン用のセラミックス複合材料,セラミックコーティングの研究に従事
2015年より現職

お問合せ

E-mail:s.sodeoka*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
西尾 匡弘(にしお まさひろ)の写真

西尾 匡弘(にしお まさひろ)

専門分野

  • エネルギー・環境領域
  • 環境化学工学
  • CCS
  • エネルギーシナリオ
  • エネルギーマネジメントシステム
詳細情報

プロフィール

1990年 工業技術院機械技術研究所に入所。二酸化炭素の大量隔離技術の研究に従事
1995年 工業技術院ニューサンシャイン計画推進本部に併任(CGT, WE-NET, 地球環境担当)
2001年 産総研エネルギー利用研究部門 熱・物質移動制御グループ主任研究員
2004年 経済産業省産業技術環境局環境政策課 課長補佐
2007年 産総研エネルギー技術研究部門 エネルギー社会システムグループ長
2013年 内閣府総合科学技術・イノベーション会議事務局 エネルギー・環境担当ディレクター(SIP革新的燃焼、SIP革新的構造材料担当)
2016年8月より現職

学位等

  • 工学博士

お問合せ

Tel:029-861-7241
E-mail:m.nishio*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

生命工学領域

イノベーションコーディネータ

後藤 雅式(ごとう まさのり)の写真

後藤 雅式(ごとう まさのり)

専門分野

  • 生命工学領域
  • 糖鎖工学
  • 分子生物学
詳細情報

プロフィール

外資系バイオテクノロジー関連企業からNEDOプロジェクトで産総研に出向。
平成24年4月から糖鎖医工学研究センター・副研究センター長
平成26年4月から現職。

学位等

  • 医学博士

コメント

生命工学領域に所属し、革新的創薬推進エンジン開発プログラム(LEAD)を担当しております。

新間 陽一 (しんま よういち)の写真

新間 陽一 (しんま よういち)

専門分野

  • 生命工学領域
  • 糖鎖生物学
  • 幹細胞生物学
  • 微生物学
  • 植物学
詳細情報

プロフィール

1990年 工業技術院化学技術研究所入所、糖鎖工学研究に従事。
1996年 通産省産業技術研究開発課、技術評価課。
2001年 内閣府総合科学技術会議事務局参事官補佐。
2002年 産総研糖鎖工学研究センター主任研究員。
2011年 経産省製造産業局生物化学産業課課長補佐。
2014年 産総研イノベーション推進本部産学地域連携室長
2015年 産総研生命工学領域イノベーションコーディネータ

コメント

生命工学領域を中心に、共同研究、外部資金応募、生命倫理等の対応を支援します。


▲ ページトップへ

情報・人間工学領域

上席イノベーションコーディネータ

西井 龍五(にしい りゅうご)の写真

西井 龍五(にしい りゅうご)

専門分野

  • 人工知能
  • ワイヤレス通信
  • 企業連携
詳細情報

プロフィール

1977年 三菱電機(株)入社。ミニコンピュータ、産業用制御計算機の中央処理装置の設計に従事。
2000年 欧州研究所社長(仏、英、蘭)。無線通信、画像処理技術の研究開発、国際標準化を担当。
2004年 人事部人材開発センター長。全社技術者教育、幹部育成を担当。
2006年 情報技術総合研究所長。情報・マルチメディア・通信・光電波技術部門の研究開発を担当。 
2007年 役員理事 情報技術総合研究所長。 関係会社役員を経て、
2016年より現職ならびに人工知能研究センター連携推進チーム長。
現在、大阪工業大学客員教授。

学位等

  • 博士(工学)
  • 通訳案内士

コメント

産総研の知見を社会へ還元すべく、企業連携に取り組みます。

お問合せ

E-mail:r.nishii*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
杉村 領一(すぎむら りょういち)の写真

杉村 領一(すぎむら りょういち)

専門分野

  • 人工知能(言語処理)
  • PF・エコシステム創設・運営
  • 組み込みソフト(デジタル家電、モバイル)
詳細情報

プロフィール

1980年松下電器産業入社、1981年同社中央研究所配属
1984年新世代コンピュータ技術開発機構
1999年Panasonic OWL 社長(UK)
2001年松下電器先端技術研究所モバイルネットワーク研究所所長
2004年パナソニックモバイルコミュニケーションズ・モバイルシステム開発センター所長(Symbian Supervisory Board Member 等兼務)
2006年エスティーモ副社長、LIMO FOUNDASTION 創立メンバー、財務担当役員
2012年株式会社NTTドコモ入社 戦略アライアンス担当部長、プロダクトイノベーション担当部長、TIZEN Association Chairman of the Board, FIDO Alliance chair of D@S WG、人工知能学会理事、日本ソフトウェア科学会理事、電子情報通信学会評議員、等歴任
2016年4月より現職

学位等

  • 博士(工学), MA in IMPM (Lancaster Univ., UK)

コメント

一燈を提げて暗夜を行く。暗夜を憂うること勿れ。只だ一燈を頼め。(佐藤一斎 言志四録より)

お問合せ

E-mail:sugimura.roy*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

イノベーションコーディネータ

田中 純 (たなか きよし)の写真

田中 純 (たなか きよし)

専門分野

  • 技術を中核とした企業再生、停滞事業の再活性化
  • 技術・製品戦略の立案・具現化
  • 事業戦略の立案から具現化までの一連のプロセスの主導・支援
  • イノベーション・マネジメント体制&業務改革の推進
  • イノベーション&マネジメント理論の導入(教育・実践支援)
  • 後継経営者・幹部社員教育
詳細情報

プロフィール

【役職等】

  • 株式会社ジェイ・ティー・マネジメント/代表取締役社長。企業再生請負人、事業戦略・技術戦略コンサルタント
  • 国立研究開発法人 産業技術総合研究所/情報・人間工学領域 研究戦略部/イノベーションコーディネーター
  • 明治大学サービス創新研究所 客員研究員
  • 淑徳大学オープンカレッジ 講師 

【略歴】

メーカー系システムコンサルティング会社のシステムエンジニアとしてキャリアをスタートし、各種組込みシステム、生産管理システム・品質管理システム、電子商取引システム等の開発プロジェクトに従事。


複数の起業に携わったのち、1993年、経営戦略コンサルティングファームに参画。事業戦略や企業再生プロジェクトの統括マネージャー、基幹系情報システム、大規模調達システムなどを定義する構造記述言語の研究開発プロジェクトの統括マネージャーなどを経て、役員に就任し、同社自体の経営にも携わる。

その後、大手商社系システム開発会社の執行役員、米国系システムコンサルティング会社などを経て、2007年、経営戦略・技術コンサルティングを生業とする「ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所」を設立、株式会社ジェイ・ティー・マネジメントに改組後、現在にいたる。

起業経験、経営・技術戦略コンサルティング経験、外資・国内企業における経営職の経験などを通じて体系化したスキル・ノウハウにより、業績や製品開発力を回復・向上させた企業多数。

20年近くにわたり大手事業再生機関や米国系投資ファンド等が指名するプロフェッショナル経営者としても腕をふるってきており、実戦経験にもとづく経営技術を適用するかたちで、事業戦略・技術戦略コンサルティング活動をおこなっている。

2011年4月より、技術をコアとした事業再生・事業展開における豊富な経験を生かし、「独立行政法人 産業技術総合研究所」の招聘研究員、2013年4月より同・研究参与、2015年4月より同・情報・人間工学領域 イノベーションコーディネータとして、最先端技術研究プロジェクトの統括や産業展開によるイノベーション戦略推進を主導している。

 

学位等

  • 修士(システムダイナミクス)

コメント

産総研においては、戦略コンサルティング経験、起業経験をフルに生かし、技術のポテンシャルを最大限に開花させるための価値創出型技術コンサルティングを展開しています。お気軽にお声をおかけください。

小島 功(こじま いさお)の写真

小島 功(こじま いさお)

西 克也(にし かつや)の写真

西 克也(にし かつや)

専門分野

  • 情報技術
  • 高性能コンピューティング
詳細情報

プロフィール

スーパーコンピュータ・メーカーに10年勤務し、その後1998年にベンチャー企業を創業し、現在も経営を行っています。2002年には産総研ベンチャーとして認定され、これまでに5社創業しました。特に高性能コンピューティングいわゆるスーパーコンピューティング周りの技術に特化しています。

コメント

これまでの起業と経営の経験を活かし、産総研の持てる知識と技術をフルに使って企業の皆様に使えるソリューションを提供して行きたいと思っています。

お問合せ

E-mail:nishi.katsuya*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
原田 賢司(はらだ たかし)の写真

原田 賢司(はらだ たかし)

専門分野

  • 半導体・IT情報技術のグローバル・マーケティング
詳細情報

プロフィール

1979年よりシリコンバレーの新興半導体・IT企業に勤務し、CPU半導体、企業ブランディング、超並列スパコン、サーバー・ワークステーション、ソフトウェア等のグローバル・マーケティングを担当。米国発の先進技術を主に日本国内に向け発信・普及展開させる業務に四半世紀に渡り従事。

2007年産総研に入所し産学官連携推進部門 情報通信・エレクトロニクス分野を担当。TGIつくば国際戦略総合特区事務局、JST科学技術振興機構 での勤務を経て、2015年から現職。世界に通用する情報・人間工学技術を、日本から世界市場に向け発信・普及展開させたいと鋭意活動中。


学位等

  • MBA(Marketing)

コメント

産総研おやじ&おねえさんバンド「ジャズやる部(べ)」に所属しサックスを担当しています。
https://www.aist.go.jp/digbook/aist_report/2015/index.html#page=43

神徳 徹雄(こうとく てつお)の写真

神徳 徹雄(こうとく てつお)

専門分野

  • ロボット工学
  • システムインテグレーション
  • 標準化
詳細情報

プロフィール

1988年 工業技術院 機械技術研究所入所、ロボット技術の研究に従事
1996年 工業技術院 総務部 研究開発官(機械・航空・宇宙担当)付に併任(1年間)
2007年 産総研 知能システム研究部門 研究グループ長
2013年 産総研 イノベーション推進企画部 総括企画主幹、兼、イノベーションスクール事務局長(2年2ヶ月)
2015年 技術研究組合 国際廃炉研究開発機構 開発企画部に参加(1年4ヶ月)
2016年 産総研 情報・人間工学領域 研究戦略部 イノベーションコーディネータ
 

学位等

  • 博士(工学)
  • 産業カウンセラー
  • キャリアコンサルタント

コメント

今まで、機械システム(ロボット工学)と人(イノベーションスクール)とを対象としてきました。より広い産業界を対象とした新しい価値創造をテーマに、ご一緒させていただければ幸いです。
 

お問合せ

E-mail:t.kotoku*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:https://staff.aist.go.jp/t.kotoku/

▲ ページトップへ

材料・化学領域

上席イノベーションコーディネータ

平田 悟史(ひらた さとし)の写真

平田 悟史(ひらた さとし)

専門分野

  • 材料・化学領域
  • バイオマス利用
  • 生物化学工学
詳細情報

プロフィール

1989年川崎重工業株式会社入社、微生物工業技術研究所、東京大学、地球環境産業技術研究機構等への派遣・兼務を経て、同社でバイオマスエネルギー機器の開発・商品化に従事。2005年産総研バイオマス研究センター副研究センター長、2012年産総研バイオマスリファイナリー研究センター長、2015年4月から現職。

コメント

産総研コンソーシアム「ナノセルロースフォーラム」の事務局を担当。

お問合せ

E-mail:satoshi.hirata*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

イノベーションコーディネータ

菅原 孝一(すがわら こういち)の写真

菅原 孝一(すがわら こういち)

専門分野

  • ナノテクノロジー・材料・製造分野
  • 原子分子物理
  • 物理化学(反応論)
  • レーザー分光
  • 質量分析
詳細情報

プロフィール

1985年 メーカー勤務を経て化学技術研究所入所
化学技術研究所、マックスプランク量子光学研究所、産業技術融合領域研究所、物質工学工業技術研究所、産総研ナノテクノロジー研究部門、ナノシステム研究部門において、主にラジカルやクラスターの構造と素反応の研究に従事
2005-2007年 NEDO出向
2010-2012年 生産計測技術研究センター(産総研九州)勤務
2013年10月より 現職

学位等

  • 理学博士

お問合せ

Tel:029-861-0702
E-mail:sugawara.ko-ichi*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

エレクトロニクス・製造領域

上席イノベーションコーディネータ

前田 龍太郎(まえだ りゅうたろう)の写真

前田 龍太郎(まえだ りゅうたろう)

専門分野

  • 強誘電体薄膜アクチュエータ
  • 3次元微小構造体加工技術
  • センサネットワーク
詳細情報

プロフィール

1980年 機械技術研究所に入所
1984-85年 フランスCNRS研究センター客員研究員
2010年 産総研 集積マイクロシステム研究センター センター長
2015年より現職
NEDO「グリーンセンサネットワーク」プロジェクトリーダ、最先端プロジェクト「マイクロシステム融合」共同提案者。立命館大学、千葉工業大学連携大学院教授、東京大学教授(委嘱)、上海交通大学客員教授。

学位等

  • 博士(工学)

コメント

これまで研究現場しか経験がありません。国家プロジェクトや共同研究等でご一緒させていただいた人脈が宝です。

お問合せ

Tel:029-861-7073
E-mail:maeda-ryutaro*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
 大久保 雅隆(おおくぼ まさたか)の写真

大久保 雅隆(おおくぼ まさたか)

専門分野

  • 先端計測分析
  • 超伝導エレクトロニクス
  • 質量分析
  • 放射光計測
詳細情報

プロフィール

1993年 民間研究所から電子技術総合研究所に入所
1994-1996年 カールスルーエ研究センター客員研究員
1997年 チュービンゲン大学在外研究員
2011年 計測フロンティア研究部門 部門長
2013年より現職。
2014年 内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)革新的構造材料 先端計測拠点 拠点長
国際電気標準会議 IEC/TC90 WG14(超伝導エレクトロニクス センサーと検出器) コンビナ
 Superconductor Science and Technology誌(IOP) Advisory Board Member
国際会議 諮問委員 (IWSSD, LTD, ISEC)

学位等

  • 博士(工学)
  • 第15回超伝導科学技術賞
  • 2014年質量分析学会 技術賞等

コメント

  「計測技術を分析技術に仕上げて普及させる」をモットーとしています。まず、計測技術では、既存装置では見えないものを見えるようにするために超伝導現象などを活用した計測技術を開発します。それをユーザーに公開することにより課題解決にチャレンジングします。成功例を積み重ねて、課題解決方法の提言ができる分析技術に仕上げます。IECなどの国際標準化により普及を促進し、イノベーションを加速します。
 見えることにより初めて、構造材料や機能材料の開発が可能になります。
 

個人ホームページ

イノベーションコーディネータ

野中 一洋(のなか かずひろ)の写真

野中 一洋(のなか かずひろ)

専門分野

  • エレクトロニクス・製造分野
  • 無機材料工学
  • 外観検査
詳細情報

プロフィール

1991年 九州工業技術試験所に入所
米国ラトガース大学、産総研基礎素材研究部門、実環境計測・診断研究ラボ、生産計測技術研究センターで圧電センサ/アクチュエータ、各種生産現場計測・検査技術の研究開発に従事
現在、官能検査の自動化・システム化と標準化推進に取組中
IEC/TC91(電子実装技術) WG10エキスパート
2015年から現職
 

学位等

  • 工学博士

コメント

日本のものづくりの強みである高品質・高信頼性の維持・強化と、生産性向上のために、製造技術とそれを支える計測・評価技術の面からコーディネート活動を通じてお役に立ちたいと考えています。

お問合せ

E-mail:k.nonaka*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

小森 和弘(こもり かずひろ)の写真

小森 和弘(こもり かずひろ)

専門分野

  • 情報通信・エレクトロ二クス・製造分野
  • 光エレクトロニクス
  • 半導体光デバイス・電子デバイス
  • 量子エレクトロニクス
  • 量子ナノデバイス
  • 超高周波(テラヘルツ)エレクトロニクス
詳細情報

プロフィール

1989年3月  東京工業大学理工学研究科博士後期過程修了(工学博士)
1989年4月  同大学・助手、1994年4月工業技術院・電子技術総合研究所転任、
2000年    スイス連邦工科大学・客員研究員
2001年4月  産業技術総合研究所・光技術研究部門・研究グループ長
2008年4月  同・情報通信エレクトロニクス分野・総括企画主幹、TIA室・総括企画主幹、
2010年10月 光技術研究部門・副研究部門長
2011年4月  電子光技術研究部門・副研究部門長&イノベーションコーディネータ(IC)、
2013年7月  経済産業省・産業技術環境局・大学連携推進課・企画官(本省出向)
2015年7月  産業技術総合研究所・エレクトロニクス・製造領域・総括企画主幹&IC

学位等

  •  工学博士(1989年3月)

お問合せ

E-mail:komori-ic-ml*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
山内 真(やまうち まこと)の写真

山内 真(やまうち まこと)

専門分野

  • 物理学
  • 光計測
  • 立体映像
  • 製造分野
詳細情報

プロフィール

1986年 工業技術院 機械技術研究所 入所
2001年 産業技術総合研究所 マイクロ・ナノ機能広域発現研究センター
2004年 光技術研究部門
2006年 デジタルものづくり研究センター
2010年 先進製造プロセス研究部門
2013年 ナノテクノロジー・材料・製造分野 研究企画室
2015年 エレクトロニクス・製造領域 研究戦略部
 

学位等

  •  博士(工学)

コメント

設計・加工から検査に至るまで、製造業における生産技術に関するご相談に幅広くご対応いたします。

お問合せ

E-mail:m.yamauchi*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

地質調査総合センター

イノベーションコーディネータ

内田 利弘(うちだ としひろ)の写真

内田 利弘(うちだ としひろ)

専門分野

  • 地質分野
  • 物理探査
  • 地球物理
  • 資源工学
詳細情報

プロフィール

産総研(地質分野)において地下資源開発、土木・環境分野、地球物理研究における地下探査技術の研究開発に従事。

学位等

  • 工学博士

コメント

地質分野における海外機関との共同研究について、情報、相談をお待ちしています。

個人ホームページ

斎藤 眞(さいとう まこと)の写真

斎藤 眞(さいとう まこと)

専門分野

  • 地質学一般
詳細情報

プロフィール

1990年工業技術院地質調査所入所。九州から南西諸島の付加体を中心に地質図幅の作成に従事。2009年度より20万分の1日本シームレス地質図を担当し、現在次世代版の編集委員長を務める。2007年度から地質図に関するJISも担当。2015年度よりイノベーションコーディネータ。

学位等

  • 博士(理学)
  • 日本地質学会小藤賞

コメント

これまで同様、地質情報を社会に普及させるための事業に取り組みます。

個人ホームページ


▲ ページトップへ

計量標準総合センター

イノベーションコーディネータ

石川 純(いしかわ じゅん)の写真

石川 純(いしかわ じゅん)

専門分野

  • 計測・計量標準分野
  • 製造現場における計測・可視化技術開発
詳細情報

プロフィール

1982年工業技術院計量研究所入所。
長さ標準(波長安定化レーザ、高分解能分光)の研究に従事。
2006年より産業技術総合研究所デジタルものづくり研究センターにおいて製造現場・熟練技能の可視化の研究に従事。
2012年イノベーションコーディネータ
 

コメント

「現場」が何より好きなので、お気軽に声をおかけください。

お問合せ

E-mail:j.ishikawa*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:『産総研Today』「印象に残る連携 -熟練技能の計測・可視化- [ PDF:837KB ]
齋藤 直昭(さいとう なおあき)の写真

齋藤 直昭(さいとう なおあき)

専門分野

  • 計測・計量標準分野
  • 質量分析技術
詳細情報

プロフィール

電子技術総合研究所入所。産総研改組後は電力エネルギー部門、計測フロンティア研究部門、企画本部、産学官連携推進部門などに所属。主に質量分析技術の研究開発に従事。
分析計測標準研究部門 副部門長(兼務)

学位等

  • 理学博士

▲ ページトップへ

TIA推進センター

上席イノベーションコーディネータ

岡田 道哉(おかだ みちや)の写真

岡田 道哉(おかだ みちや)

専門分野

  • 超電導工学
  • 金属工学
  • オープンイノベーション
詳細情報

プロフィール

1984年(株)日立製作所入社。日立研究所にて電力材料の研究開発に従事。1987年より超電導材料及び応用機器開発を担当。超電導マグネット、MRI,NMRI、磁気浮上列車等の応用製品開発に従事。この間1990年11月から1991年11月までPhilips研究所(蘭)に交換研究員として渡欧の経験を持つ。日立グループ企業による新製品開発プロジェクトリーダー、大型国家プロジェクトリーダー等を歴任。日立研究所エネルギー材料研究部長を経て、2009年10月に産総研へ転籍。直後からパワーエレクトロニクスを担当。最先端研究支援プログラム木本恒暢プロジェクト研究支援統括を担当しながら、民活型オープンイノベーション共同研究体の組織設計を進め、2012年4月にTPECを発足させた。2015年4月より現職。

学位等

  • 博士(工学)
  • 第2回超伝導科学技 術賞受賞(1998)
  • Best Superconducting Materials Paper Award(2000)
  • 日立製作所社長知的財産権賞・金賞(2004)
  • 日立メディコ社長技術賞・特賞(2008)
  • 第4回超電導科学技術賞受賞(2010)
  • 産総研理事長賞(2013)

コメント

日本型オープンイノベーションのお手本となることを目指します

お問合せ

Tel:029-862-6138
Web:『産総研Today』「日本のイノベーションモデル」をイノベーションする [ PDF:980KB ]

イノベーションコーディネータ

有本 宏(ありもと ひろし)の写真

有本 宏(ありもと ひろし)

専門分野

  • LSIプロセス技術
  • 微細加工技術及びナノ計測技術
詳細情報

プロフィール

1980年 株式会社富士通研究所に入社し、電子ビーム露光、ドライエッチング等の半導体微細加工技術の開発に従事。
LSI製造での計測・モニター技術の開発に取り組み、エリプソメトリー法を開発した。また、トランジスタ特性変動のモデル化とそれらを回路シミュレーションへ取り込む仕組みを構築し、製品製造に適用した。
2009年 産総研との共同研究において、UVラマン分光法によるストレス分布、及び3次元不純物分布を取り込んだ3次元TCADキャリブレーション技術の開発に従事。
2013年 産総研に入所し、ナノテクノロジープラットフォーム事業のコーディネータに従事。
2015年 現在にいたる
 

学位等

  • 博士(工学)

コメント

ナノテクノロジープラットフォーム事業に関わっています

お問合せ

E-mali:arimoto.hiroshi*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
発 正浩(はつ まさひろ)の写真

発 正浩(はつ まさひろ)

専門分野

  • ライフサイエンス分野
  • 微生物
  • 天然物
  • 生物多様性(ABS)
詳細情報

プロフィール

明治製菓株式会社(薬品総合研究所)
岐阜大学・農学部(助教授)
東レ株式会社(先端融合研究所)
バイオベンチャー
JST(SATREPS)
2014から現職
 

学位等

  • 博士(農学)

コメント

ナノテク人材育成事業のNanotech Career-up Alliance(Nanotech CUPAL:科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業)を担当

お問合せ

Tel:029-861-8322
E-mail:masahiro-hatsu*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:Nanotech CUPAL HP
元木 健作(もとき けんさく)の写真

元木 健作(もとき けんさく)

専門分野

  • 化合物半導体工学
  • 材料開発
  • 電子部品材料
詳細情報

プロフィール

1983年住友電気工業株式会社に入社し、電子材料、化合物半導体材料の研究開発とその事業化、および開発企画等に従事。この間1994~1995年、米国スタンフォード大学に客員研究員として、インターネット黎明期のシリコンバレーに滞在。企業での業務は、研究開発部門が中心であり、化合物半導体は最もキャリアが長く、研究テーマ立案、基礎研究からマーケティング、製品化と量産立ち上げ、その事業化までを経験した。研究部長を経て、2015年11月より産総研に移籍し現職。現在、産総研の共用施設をベースとしたオープンイノベーションの推進に取り組んでいる。
 

学位等

  • 博士(工学)
  • 文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)
  • 全国発明表彰 21世紀発明奨励賞
  • 大河内記念技術賞
  • 電気科学技術奨励賞(オーム技術賞)
  • 日本結晶成長学会 技術賞

コメント

これまでの全ての経験を生かして、産総研の優れた技術の産業界への移転を進め、我が国のオープンイノベーション推進に微力ながらも貢献したいと思います。

お問合せ

Tel:029-862-6336
E-mail:motoki-kensaku*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
沖 健志朗(おき けんしろう)の写真

沖 健志朗(おき けんしろう)

専門分野

  • 電力流通設備計画
  • 電力技術企画・技術総括
  • 規格・標準化運営管理
詳細情報

プロフィール

電力会社を34年間勤務し、2016年7月に産総研に入所。その間、変電所の保守・工事業務、電力流通設備の計画業務及び電力技術企画・技術総括業務などに従事。2016年7月より現職。
 

コメント

超電導技術の将来あるべき姿について、多くの関係者とともに、十分検討してまいりたいと思います。

お問合せ

E-mail:oki.kenshiro*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

▲ ページトップへ