English

 

地域センター

福島再生可能エネルギー研究所お問い合わせ

上席イノベーションコーディネータ

近藤 道雄(こんどう みちお)の写真

近藤 道雄(こんどう みちお)

専門分野

  • 半導体工学
  • プラズマプロセス工学
  • 物性物理工学
  • シリコン系太陽電池
  • 太陽光発電
詳細情報

プロフィール

1980 京都大学理学部卒
1987 大阪大学基礎工学研究科博士課程修了
1998 東京大学物性研究所助手
1993 電子技術総合研究所
2004 産総研 太陽光発電研究センター長
2011 太陽光発電工学研究センター長
2013より現職

学位等

  • 工学博士

コメント

国際競争激化に伴ってイノベーションハブとしての産総研への期待の高まりを肌で実感しています。国際連携、産学連携、国際標準化など産総研が推進するイノベーション創出に太陽光発電を中心とした次世代エネルギー技術の側面から貢献できたらと考えます。福島復興地域イノベーション事業にも参画しています。

お問合せ

Tel:029-861-5440
E-mail:michio.kondo*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:『産総研Today』「チームイノベーション [ PDF:786KB ]

イノベーションコーディネータ

阪口 圭一(さかぐち けいいち)の写真

阪口 圭一(さかぐち けいいち)

専門分野

  • 地質分野
  • 地熱・火山地質学
  • 再生可能エネルギー
詳細情報

プロフィール

1981年 工技院 地質調査所入所。地熱、火山研究に従事。
2001年 産総研 地圏資源環境研究部門 地熱資源研究グループ
2007-10年 地質調査情報センター 地質情報統合化推進室長
2010-13年 地圏資源環境研究部門 地熱資源研究グループ長
2013年10月より 現職

学位等

  • 理学修士

コメント

再生可能エネルギー普及促進と震災からの復興への貢献を目指します。また、オール産総研の窓口でもあるので、まずはご相談ください。

お問合せ

E-mail:k-sakaguchi*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

臨海副都心センターお問い合わせ

イノベーションコーディネータ

三宅 正人(みやけ まさと)の写真

三宅 正人(みやけ まさと)

専門分野

  • ライフテクノロジー全般
  • 生物工学全般
  • 分子生物学
  • システム生物学
詳細情報

プロフィール

平成2年入所 生物学的光エネルギー変換研究に従事。
平成11年~平成13年 ヒューマンフロンティアサイエンス財団フェロー(米国スクリプス研究所)
平成15年 フランス・ルイパスツール大学客員教授
平成16年 (株)サイトパスファインダー創業(取締役CSO就任)
平成22年 細胞情報工学連携研究体長
平成23年 イノベーション推進本部連携主幹
平成24年~平成26年 イノベーション推進企画部 総括企画主幹
平成26年4月より 現職

学位等

  • 工学博士(シアノバクテリアによる生分解性プラスチックの生産に関する研究)

コメント

新技術を社会導入するためにバリューチェーン・コーディネーションモデルを提唱。
高齢化が進む我が国から世界へ向けて新しい市場開拓を産学官との連携で推進します。

お問合せ

Tel:03-3599-8944
E-mail:masato-miyake*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

北海道センターお問い合わせ

イノベーションコーディネータ

永石 博志(ながいし ひろし)の写真

永石 博志(ながいし ひろし)

専門分野

  • 環境・エネルギー分野
  • 反応工学
  • 化学工学
  • 燃料化学
詳細情報

プロフィール

民間企業を経て昭和63年工業技術院に入所。平成5年5月より2年間カナダ アルバータ大学化学工学科博士研究員。主に炭素系資源の改質・有効利用、微小重力環境利用、燃焼技術、廃プラスチック・廃食油の有効利用、エネルギーシステムなどの研究開発に従事。平成22年より、企業支援・連携業務に従事。北海道経済産業局産業技術調査官を併任。「鮮魚の鮮度保持技術」などの民間企業の技術開発支援を実施。

学位等

  • 工学博士
  • 日本エネルギー学会進歩賞(学術部門)受賞

コメント

まずは分野を問わずお気楽にお声掛けください。地域の皆様のお役に立てるよう努めさせていただきます。

お問合せ

E-mail:h.nagaishi*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
扇谷 悟(おおぎや さとる)の写真

扇谷 悟(おおぎや さとる)

専門分野

  • 生物工学
  • 分子生物学
  • ゲノム解析
  • バイオインフォマティクス
詳細情報

プロフィール

昭和61年工業技術院に入所。主として酵母を利用した有用物質生産技術の開発に従事。
ゲノム情報を活用した低温でのタンパク質生産、レポーターアッセイ、バイオエタノール生産などの研究を行ってきた。また、食品の機能性解析についても検討している。
生物プロセス研究部門副部門長を兼務。

学位等

  • 薬学博士

コメント

北海道センターの重点研究は「バイオものづくり」です。先端的な研究から実用的な研究まで幅広く行っていますので、いい連携が生まれることを期待しています。

お問合せ

Tel:011-857-8923
E-mail:s.ohgiya*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
谷田 昌稔(たにだ まさとし)の写真

谷田 昌稔(たにだ まさとし)

専門分野

  • ライフサイエンス分野
  • 応用微生物学
  • 分子生物学
  • 作物バイテク育種
詳細情報

プロフィール

北海道大学農学部農芸化学科(助手)、ウイスコンシン州立大学微生物学部客員研究員、㈱北海道グリーンバイオ研究所副所長、ホクレン農業総合研究所技監等を経て2015年より現職

学位等

  • 農学博士

お問合せ

Tel:011-219-3359
E-mail:tanida-m*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
後町 光夫(ごちょう みつお)の写真

後町 光夫(ごちょう みつお)

専門分野

  • 高分子材料
  • 高分子系複合材料
詳細情報

プロフィール

1977-2008年 石油化学メーカー(樹脂研究所)を経て北海道立工業試験場。材料技術部、環境エネルギー部等にて試験研究、道内企業への技術支援、産学官連携業務等に従事。
2008-2016年 北海道地域イノベーション創出協働体総合相談窓口(テクノコンシェルジェ)、札幌市立大学地域連携専門員等を経て
2016年4月から現職。

コメント

公設試験研究機関の職員としての経験を活かし、地域産業の発展に貢献していきたいと思います。分野にこだわらずにお声かけ下さい。

お問合せ

E-mail:m.gochou*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

東北センターお問い合わせ

上席イノベーションコーディネータ

伊藤 努(いとう つとむ)の写真

伊藤 努(いとう つとむ)

専門分野

  • 新規事業開発
  • 事業アライアンス
  • プロジェクト管理
詳細情報

プロフィール

1981年 ソニー株式会社入社
 PlasticHardDisk、高密度データ記録システム
 光学フィルム開発等に従事
2007年 同・仙台テクノロジーセンター代表
2012年 宮城県産業技術総合センター所長
   みやぎ高度電子機械産業振興協議会会長
2015年7月 現職

学位等

  • 工学博士

お問合せ

E-mail:tsutomu.ito*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

イノベーションコーディネータ

南條 弘(なんじょう ひろし)の写真

南條 弘(なんじょう ひろし)

専門分野

  • 表面処理・加工・観測
  • 粘土膜
  • グラフェン
  • 高温高圧流体
  • イオン液体膜
  • マイクロ波
  • ゼオライト
  • 酵素
  • 銅インク
  • VOC代替
  • CO2塗装
  • 貴金属触媒
  • CNT
  • 病理画像
  • 静電気
  • 車椅子
  • 生活支援ロボット
詳細情報

プロフィール

1986工業技術院入所 NATURE320,1986,516 
2001産業技術総合研究所基礎素材研究部門研究グループ長 
2010イノベーション推進本部連携主幹 
2011イノベーションコーディネータ JECS158,2011,C379
2014東北センター所長代理 
材料・化学領域研究企画室付兼務、
技術研究組合TASCグラフェン事業部リサーチマネージャー
 

学位等

  • 工学博士

コメント

技術的に困ったことがあったら、何でもご相談。研究・管理関連部門、大学、企業、官庁、公設試のネットワークを活用して最適解を探し出します。

お問合せ

E-mail:hi-nanjo*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:

▲ ページトップへ

中部センターお問い合わせ

上席イノベーションコーディネータ

中村 守(なかむら まもる)の写真

中村 守(なかむら まもる)

専門分野

  • ナノテク・材料・製造分野
  • 材料加工
詳細情報

プロフィール

1954年9月生まれ、工業技術院名古屋工業技術試験所にて採用、オランダのEU、Petten共同研究所の客員研究員、通産省工業技術院次世代室出向、名古屋工業技術研究所企画官補。2001年4月から、産業技術総合研究所の基礎素材研究部門副部門長、企画本部総括研究主幹、サステナブルマテリアル研究部門副部門長、同部門長、2015年4月より現職。

学位等

  • 工学博士

コメント

産総研の豊富なシーズが社会で使われることで、日本を少しでも豊かにするために微力ながら努力したいと思います。

お問合せ

E-mail:mamoru.nakamura*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

イノベーションコーディネータ

飯田 康夫(いいだ やすお)の写真

飯田 康夫(いいだ やすお)

専門分野

  • ナノテク・材料化学
  • 評価解析技術
  • 連携
詳細情報

プロフィール

昭和29年12月生まれ、工業技術院名古屋工業技術試験所にて採用、米国アイオワ州立大学エイムズ研究所留学、NEDO出向、先進製造プロセス研究部門副研究部門長を経て平成26年4月より現職

学位等

  • 理学博士

コメント

産総研のシーズを社会で活用していただくための「橋渡し」、社会のニーズを産総研に伝える「橋渡し」、信頼される丈夫な「橋」の作り手になりたいと思います。

渡村 信治(とむら しんじ)の写真

渡村 信治(とむら しんじ)

専門分野

  • 材料技術分野
  • 環境材料
  • 無機工業材料
  • 無機物性
詳細情報

プロフィール

1979年工業技術院名古屋工業技術試験所入所、主にセラミックス原料、多孔質材料等の研究開発に従事
2001年セラミックス研究部門副部門長
2002年企画本部総括企画主幹ナノテク材料製造担当
2003年評価部次長
2005年サステナブルマテリアル研究部門副部門長
2007年産学官連携コーディネータ
2010年10月現職
 

学位等

  • 理学博士

コメント

セラミック系材料の原料評価、合成、精製、利用技術の開発等に関する技術相談、技術評価、連携支援などが専門ですが、産総研や中部センターで行われている研究開発活動全般についてのコーディネート活動もご相談下さい。

お問合せ

E-mail:tomura-s*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

関西センターお問い合わせ

上席イノベーションコーディネータ

境 哲男(さかい てつお)の写真

境 哲男(さかい てつお)

専門分野

  • 環境・エネルギー分野
  • ニッケル水素電池
  • リチウムイオン電池
  • ナトリウムイオン電池
  • 燃料電池
  • 各種電池材料
  • 水素貯蔵材料
詳細情報

プロフィール

1982年、大阪工業技術試験所入所し、水素エネルギー技術の研究開発に従事。
その中で、車載用ニッケル水素電池の研究開発を企業連携で実施。
1998年、電池研究室長、神戸大学大学院教授。次世代リチウムイオン電池材料の研究開発を実施。
2004年、ユビキタスエネルギー研究部門 電池システム研究グループ長
2011年 副部門長
2012年 上席研究員。
この間、安全で長寿命な次世代車載用リチウムイオン電池の研究開発を企業連携で実施。

学位等

  • 工学博士

コメント

これまで次世代電池の研究開発を、材料メーカーや電池メーカー、自動車メーカー、装置メーカーなどとの連携研究で行ってきましたので、企業と研究員の橋渡しができればと思います。

お問合せ

Tel:072-751-9943
E-mail:sakai-tetsuo*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
福井 実(ふくい みのる)の写真

福井 実(ふくい みのる)

専門分野

  • 高機能価値商品開発(高機能材料、加工技術、価値商品設計)
  • 感性工学
詳細情報

プロフィール

1981年、大手化学メーカー入社。繊維機能加工、機能商品開発と事業化を経験。
2005年から5年間、中国海外子会社で社長、会長として経営を経験。
2010年から2016年、繊維事業の研究所所長、センター長歴任。素材力、技術力を生かした最終商品としての価値創出研究を陣頭指揮。
2016年7月より、産総研に上席ICとして入所。

学位等

  • 理学修士

コメント

民間企業での研究開発と研究マネジメント、事業化、および経営経験も活かし、産官学連携の橋渡しを通じて、価値ある新ビジネス創出の協力をさせていただければと思っております。 

お問合せ

Tel:072-751-8820
E-mail:minoru-fukui*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

イノベーションコーディネータ

松原 一郎(まつばら いちろう)の写真

松原 一郎(まつばら いちろう)

専門分野

  • 材料化学
  • 機能性無機材料
詳細情報

プロフィール

【職歴】
昭和62年工業技術院大阪工業技術試験所入所。これまで主に高温超伝導材料、熱電変 換材料、ガスセンサ材料の開発に従事。
平成23年~平成24年ナノテクノロジー・材料・製造分野研究企画室長。
平成25年~関西センター所長代理、関西産学官連携センター副センター長。
平成27年~関西センター所長代理、関西産学官連携センター副センター長、材料・化学領域 無機機能材料研究部門 副部門長。
 
【国際標準化活動】
 ・ISO/TC197/WG13コンビーナ (2005年9月~2014年12月)
 ・ISO/TC146/SC6/WG16コンビーナ (2010年2月~現在)

学位等

  • 博士(理学):大阪大学 理学研究科無機・物理化学専攻
【主な受賞】
  • 平成9年 日本化学会進歩賞
  • 平成22年 日本セラミックス協会学術賞
  • 平成22年 国際標準化貢献者(産業技術環境局長賞)

お問合せ

Tel:029-862-6707
E-mail:matsubara-i*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:『産総研Today』「関西センターの連携活動 [ PDF:936KB ]
坪田 年(つぼた すすむ)の写真

坪田 年(つぼた すすむ)

専門分野

  • 環境・エネルギー分野
  • 固体触媒
  • 貴金属担持触媒
詳細情報

プロフィール

1987年 民間企業(4年間)を経て、大阪工業技術試験所入所、これまで主に、環境・エネルギー分野の固体触媒に関する研究に従事。 
この間、1999年と2010年にそれぞれ2年間、滋賀県工業技術総合センターに転籍出向。 
2008年から1年間、近畿経済産業局地域経済部にて、産業技術統括調査官を兼務。 
2013年から、関西センター尼崎支所管理監を兼務
 

学位等

  • 工学博士

コメント

公設試験研究機関での経験などを生かし、地域の中小・中堅企業のイノベーションに、さらに産総研を活用いただけるよう心掛けて、コーディネート活動に取り組んで参ります。 
関西センターでは主に生命工学領域のユニットを担当しています。専門分野と異なりますがこれまでの経験を活かして対応してまいります。

お問合せ

E-mail:susumu-tsubota*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
齋藤 俊幸(さいとう としゆき)の写真

齋藤 俊幸(さいとう としゆき)

専門分野

  • 環境計測
詳細情報

プロフィール

1986年 工業技術院電子技術総合研究所大阪支所入所、2001年産業技術総合研究所の発足と同時に関西センターにおいて産学官連携業務に携わる。
2015年4月より現職
 

コメント

何でもご相談ください。産総研から公設研、その他様々なネットワークを利用して問題解決のお手伝いを致します


清水 洋(しみず よう)の写真

清水 洋(しみず よう)

専門分野

  • ナノテク・材料・製造分野
  • 液晶材料化学
  • 有機光電子材料化学
詳細情報

プロフィール

博士号取得後民間企業での研究開発経験を経て、1990年4月工技院大阪工業技術試験所入所。同複合体合成研究室室長、産総研関西センター研究グループ長等を経て現職。工技院総務部産技室総括研究開発官付併人、産総研準備WG委員等を経験。産技連近畿地域部会ナノテクノロジー分科会初代会長(近畿圏公設研ネットワーク主導)。元応用物理学会M&BE委員、現、(公社)高分子学会出版委員会委員、(一社)近畿化学協会理事、同機能性色素部会部会長、(一社)日本液晶学会会長、国際学術誌Liquid Crystals誌国際編集委員。専門は有機光電子材料化学、液晶材料化学。

学位等

  • 工学博士

コメント

地域イノベーション活動では近畿圏公設研ネットワークも含めて技術開発に対応致します。また、専門分野では国内はもとより国際的な技術連携も視野に対応を図ります。

お問合せ

Tel:072-751-9525

▲ ページトップへ

中国センターお問い合わせ

上席イノベーションコーディネータ

中村 修(なかむら おさむ)の写真

中村 修(なかむら おさむ)

専門分野

  • ライフサイエンス分野
  • 生化学
詳細情報

プロフィール

1997年6月工技院九州工業技術研究所に中途採用されて以来、福岡県工業技術センター生物食品研究所・参事兼生物資源課長、経済産業省技術評価調査課・産業技術総括調査官、産総研評価部・次長、長崎県科学技術振興局・局長、産総研中国センター・所長等を歴任。
2014年4月から現職。
2015年4月経済産業省中国経済産業局・産業技術調査官併任。

学位等

  • 農学修士(九州大学)
  • 歯学博士(大阪大学)
  • 研究・イノベーション学会 評議員

コメント

地域イノベーション創出に向けて、これまで培ってきた人脈とネットワークをフルに活用して、新たな連携事例を積み上げて参る所存ですので、気楽にお声かけください。

お問合せ

E-mail:osamu.nakamura*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:


▲ ページトップへ

四国センターお問い合わせ

イノベーションコーディネータ

廣津 孝弘 (ひろつ たかひろ)の写真

廣津 孝弘 (ひろつ たかひろ)

専門分野

  • 物理化学
  • 分離技術
詳細情報

プロフィール

1977年4月工業技術院四国工業技術試験所入所、海水ウラン採取に関する研究他、主に資源・環境に関わる研究に従事。基本的な技術は健康工学へも応用を展開した

学位等

  • 工学博士

コメント

自分なりに産学官連携の意味を理解し、皆さんのお役に立てればと思います。

お問合せ

E-mail:takahiro-hirotsu*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
矢野 哲夫(やの てつお)の写真

矢野 哲夫(やの てつお)

専門分野

  • 材料加工
  • 表面
詳細情報

プロフィール

1987年工業技術院四国工業試験所入所、材料の高温変形、接合、表面加工に関する研究開発に従事
2003年産総研、四国産学官連携センター

学位等

  • 工学博士

コメント

産総研の研究開発全般について産学官連携を推進、支援しますのでご相談下さい。

お問合せ

E-mail:yano-tetsuo*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
大家 利彦(おおいえ としひこ)の写真

大家 利彦(おおいえ としひこ)

専門分野

  • 生命工学
  • 健康工学
  • バイオデバイス レーザ加工学
  • 精密微細加工
  • 材料工学
  • 表面処理・接合
詳細情報

プロフィール

平成5年4月工業技術院四国工業技術試験所入所、ベースはレーザ精密微細加工。平成14年から加工応用としてバイオデバイスの開発に取り組む。平成25年度から所長代理を本務としつつ、四国センターIC、生命工学IC、健康工学研究部門副研究部門長、四国経済産業局調査官を兼務。

学位等

  • 博士(工学)

コメント

もともと、横断的な分野を専門としています。何でもご相談ください。特にレーザ加工関連では、企業、大学など産総研外のネットワークも活用してサポートします。

お問合せ

toshihiko-ooie*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

九州センターお問い合わせ

イノベーションコーディネータ

犬養 吉成 (いぬかい よしなり)の写真

犬養 吉成 (いぬかい よしなり)

専門分野

  • 環境分野(環境化学)
  • 材料分野(材料化学)
詳細情報

プロフィール

昭和56年工業技術院九州工業技術試験所入所、平成18年度から九州センター所長代理と兼務により、産学官連携コーディネートに携わる。
平成24年度からイノベーションコーディネータ。
平成25年度から福岡サイトに異動。

学位等

  • 工学博士

コメント

九州センターで対応できないことでも、オール産総研で対応しますので、御相談下さい。

お問合せ

E-mail:inukai-yoshinari*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
猿渡 新水 (さるわたり あらみ)の写真

猿渡 新水 (さるわたり あらみ)

専門分野

  • 半導体分野全般
  • 知的財産
  • 機械工学
詳細情報

プロフィール

1978年~2012年、民間企業(半導体メーカー)にて、設備技術・プロセス技術・製造等でラインの設計・構築に従事。
2003~2006年にはプラズマTV製造会社に出向し、設備技術部長として歩留向上活動を実施。2006年から半導体前工程の生産技術部長として、工場の量産に関わる業務全般(QCD+Safety)を手掛けてきた。
2013年1月から産総研 九州センターにイノベーションコーディネータとして入所。現在に至る。

コメント

民間企業時代に、産総研マイスター制度を活用し、欠陥検査装置の共同開発を行いました。この時の経験から、民間企業のニーズと産総研のシーズを合致させることで、より多くの量産上の問題点が解決できる可能性を感じています。多くの産業界の皆様にこれらの事例を紹介し、また開発や量産上の課題を提示して頂き、産総研の所有する知的財産や高度な技術をぜひ活用していただきたいという想いがあります。

お問合せ

Tel:0942-81-3649
E-mail:saruwatari-arami*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:「産総研TODAY Vol.14(2014) 」(産総研広報誌)に「半導体産業の再活性化を目指したコーディネーション活動」を掲載しています。
堀野 裕治(ほりの ゆうじ)の写真

堀野 裕治(ほりの ゆうじ)

専門分野

  • ナノテクノロジー・材料・製造分野
  • 表面
  • 薄膜
  • 結晶成長
  • 量子ビーム工学
詳細情報

プロフィール

平成元年 工業技術院大阪工業技術試験所入所、これまで主に材料工学・量子ビーム計測の研究開発に従事

学位等

  • 工学博士

コメント

DLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティング、単結晶ダイヤモンド合成など炭素系材料に力が入っています。
しかし、オール産総研で活動しておりますので、何なりとコンタクトください。

お問合せ

E-mail:y-horino*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
岩崎 孝志(いわさき たかし)の写真

岩崎 孝志(いわさき たかし)

専門分野

  • 無機工業材料
  • 無機物性
詳細情報

プロフィール

平成13年 産業技術総合研究所技術情報部門 技術政策調査室長
平成13年 経済産業省産業技術環境局研究開発課研究開発企画調査官、環境ユニット環境技術チーム長
平成15年 産業技術総合研究所能力開発部門 能力開発コーディネータ
平成20年 産業技術総合研究所産学官連携推進部門 産学官連携コーディネータ・地域連携室長
平成22年 産業技術総合研究所ベンチャー開発センター 次長
平成27年 産業技術総合研究所九州センター イノベーション・コーディネータ(現職)

学位等

  • 理学博士
  • 平成13年度文部科学大臣賞

コメント

九州センター内の製造技術研究部門について連携の支援を行っています。製造現場のIoTで鍵となる計測技術についてソリューションをご提供します。

お問合せ

Tel:029-862-6465
E-mail:iwasaki-takashi*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
黒木 重則(くろき しげのり)の写真

黒木 重則(くろき しげのり)

専門分野

  • 情報処理
  • 環境分野
詳細情報

プロフィール

昭和47年福岡県衛生研究所(現在 福岡県保健環境研究所)に入所。
平成2年から福岡県工業技術センターにこの間、工業技術ネットワークシステムの構築、企業ニーズの探索、分野を問わず産学官共同研究(国、県、産炭基金等)の立ち上げに従事。
平成27年9月からイノベーションコーディネータ。

コメント

地方公設試勤務の強みを生かして、中堅中小企業のニーズと産総研シーズのマッチングに取り組んでまいりますので、ご相談ください。

上杉 文彦(うえすぎ ふみひこ)の写真

上杉 文彦(うえすぎ ふみひこ)

専門分野

  • 生産科学
  • プラズマ技術
  • レーザ光散乱計測
  • 技術経営
詳細情報

プロフィール

1982年4月に民間デバイス製造販売企業に入社。研究開発グループで半導体プロセスへのレーザ応用、シンクロトロン放射光応用を経て、半導体生産ラインの生産科学、特にプラズマエッチング装置でのパーティクル発生や異常放電に関する研究開発、デバイスの不良解析技術の研究開発、事業支援に従事。
2008年4月、産業技術総合研究所に入所。生産計測技術研究センターで、プラズマエッチング装置でのパーティクル発生や異常放電に関する研究開発とこれら課題解決のためにデバイスメーカ、材料メーカ、計測器メーカとの共同研究を推進し、ソリューションを提供。2015年4月から製造技術研究部門、2016年10月から現職。
 

学位等

  • 工学博士

お問合せ

Tel:0942-81-4041
E-mail:f-uesugi*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

▲ ページトップへ