English

 

エレクトロニクス・製造

木製飛行機『飛竜』20160620008

第二次世界大戦中、物資の少ない時期に金属に替えて木材を素材とした飛行機を製作しました。

 戦時中、寺院の鐘や学生服の金属製ボタンも軍需用に供出されるほどの金属不足に陥り、当時の政府は木製航空機の生産を計画しました。工芸指導所(当時)では、家具業者などの協力のもと、1945年に木製飛行機「飛竜」を完成させました。

 この飛竜が実際に戦場で活躍した記録はありませんが、木材を曲面に成形する技術は、新たな家具製作技術として、戦後の貧しいわが国の産業を支えました。

木製飛行機『飛竜』
画像サイズ 833×458(891KB)
整理番号 20160609003
領域 エレクトロニクス・製造領域

写真の使用について

上の画像をクリックすると、別ウィンドウで大きな画像が表示されますので、表示された画像を右クリックして名前を付けて画像を保存で保存してください。

写真の使用を希望される場合は、ご利用条件をご確認の上、総合問い合わせフォームより、「産総研ウェブページに掲載されている著作物の使用申請」を選択してお問い合わせください。

▲ ページトップへ