English

 

エレクトロニクス・製造

フレキシブル金属基材上のAD膜20160620001

 これまでの常識を覆し、セラミックスを焼くことなく、常温で固めて膜をつくるコーティング技術「エアロゾルデポジション法(AD法)」を東陶機器株式会社と共同で開発しました。

 セラミックスの微粒子をガスと混ぜ、減圧した状態でノズルから噴射させ、エアロゾルジェットとして基板に衝突させて膜を形成します。セラミックス微粒子の径が数μm以下の場合に、衝突による粒子の壊れ方が大きく変化することが成膜の鍵で、世界で初めて常温で、かつ結合剤を用いずにセラミックス微粒子を固化し、焼結体と同等の電気機械特性をもつセラミックス厚膜の形成を実現しました。

 熱に弱い金やガラス、プラスチックとの複合化・集積化、窯業プロセスの省エネ化を実現する技術として注目されています。

ニッケル水素電池の負極用合金

写真の使用について

上の画像をクリックすると、別ウィンドウで大きな画像が表示されますので、表示された画像を右クリックして名前を付けて画像を保存で保存してください。

写真の使用を希望される場合は、ご利用条件をご確認の上、総合問い合わせフォームより、「産総研ウェブページに掲載されている著作物の使用申請」を選択してお問い合わせください。

▲ ページトップへ