English

 

産総研 TODAY Vol.6(2006) 総目次

1月号 Vol.6 No.1

VOL.6-1 2006.1

  • メッセージ:研究者が成長する場としての本格研究
  • 特集:クルマと環境
  • 新春対談:クルマ技術が担う地球の未来
  • 自動車用次世代動力源
  • 低環境負荷な新しい燃料への挑戦
  • 燃費向上でCO2削減
  • 「糖鎖」研究の3大ツール
    -がん、免疫、感染症、再生医療の鍵である糖鎖の研究を飛躍的に加速-
  • 全印刷法によるフレキシブル無線タグの作製
  • シリカ膜による高分子の耐放射線性の向上
  • ナノ構造制御により親水性表面を超撥水表面へ
  • ユビキタスエコーで健康を診る
  • パルスレーザ蒸着法によるZnO 薄膜
  • 高性能な熱電材料の新しい作製法
  • ナノテクノロジーの社会的影響:第4回 ナノテクノロジーの標準化
  • 熱電対による温度標準の供給
  • 産業界との連携による標準仕様書の提案
  • 日本IBM科学賞を受賞
  • 第51回仁科記念賞を受賞
  • SC|05最優秀研究論文賞を受賞
  • 松田大臣つくばセンター視察
  • アルジェリア民主人民共和国郵政通信大臣つくばセンター訪問
  • 産総研秋葉原サイト披露会を開催
  • 産業技術戦略シンポジウムを開催
  • ベンチャー開発戦略研究センター第4回シンポジウムを開催
  • 日仏ロボット工学共同研究ラボラトリーJRLの研究協力協定更新およびJRLワークショップ
  • 国際ワークショップ「LCA手法の地域施策への展開」を開催
  • 中国科学院とのワークショップCAS-AIST-NEDO Workshop 2005
  • 「産学官技術交流フェア」にて研究成果を展示
  • 第1回日本LCA 学会研究発表会を開催
  • スーパーサイエンスハイスクールに協力
  • 環境報告書2005の発行
  • EVENT Calendar(2006年1月→2006年3月)
  • 「棄てるエネルギーを活かす技術」ユビキタスエネルギー研究部門 舟橋 良次さん

2月号 Vol.6 No.2

VOL.6-2 2006.2

  • 特集:骨・関節の再生テクノロジー
  • 実用化へのプロセスを加速する医学と工学の連携
  • 患者自身の間葉系幹細胞を用いた骨・軟骨の再生テクノロジー
  • 微小人工骨ユニットの集積による自由な人工骨の設計と製造
  • 微小重力バイオリアクターで大型の3次元軟骨組織を構築
  • 骨粗鬆症治療のための生体材料
  • インプラント産業の活性化を目指した標準化研究
  • スピントルクダイオード効果
    -MgOバリヤ巨大トンネル磁気抵抗素子の新しい応用-
  • 世界最高速の量子ドットレーザを開発
  • 酵素連続反応による糖鎖自動合成法
  • 光機能が期待される新型二酸化チタンの創製
  • 創薬を変えるトランスフェクション(遺伝子導入)アレイ
  • ナノメートルの目盛りを持つ“ものさし”
  • 計算機群と超広帯域光ネットワークの連携実験
  • 偏光有機電界発光素子
  • 長期安定性を持ったスイッチング素子
  • ナノテクノロジーの社会的影響:最終回
  • 極微量の岩石鉱物試料の地質年代測定
  • NMIJ による標準供給の現状(1)
  • タイで国際ワークショップが集中的に開催される
  • nano tech 2006国際ナノテクノロジー総合展、出展のお知らせ
  • EVENT Calendar(2006年2月→2006年4月)
  • 「スーパーグロースCVD法による単層カーボンナノチューブの大量合成」ナノカーボン研究センター 畠 賢治さん

3月号 Vol.6 No.3

VOL.6-3 2006.3

  • 特集:バイオマスエネルギー
  • 木質系バイオマスから液体燃料をつくる意味
  • 中国地域を活動拠点として活躍するバイオマス研究センター
  • 木質バイオマスのガス化による合成ディーゼル燃料の製造
  • 木材から自動車燃料に使えるエタノールを造る
  • バイオマス利活用の促進に向けたDBの構築
  • バイオマス利活用のアジア展開
  • 麹菌のゲノム科学と産業利用
    -日本の伝統的発酵産業の発展に寄与-
  • 医薬品アンプルハンドリングシステムの開発
  • タンパク質の品質管理機構
  • 小さな小さな段差を測る
  • 2005年パキスタン地震で出現した地震断層
  • はなれていても、一緒に遊べる「電子の鏡」
  • 内部まで生体活性を有する人工骨
  • ナノテクノロジーの社会的影響
    新しい科学技術を社会はどう受け止めるのか?
  • 人にやさしい映像の視聴環境づくりをめざす
  • NMIJによる標準供給の現状(2)
  • 計量標準に関するAIST-NISTの協力協定の継続に署名
  • 産総研と東北大学が連携・協力の推進に係わる協定を締結
  • インターネットにおけるセキュリティ技術についてヤフー株式会社と共同研究を開始
  • 社会のための地球科学
  • アレックス・ミューラー教授の講演会
  • 韓国情報通信大臣がつくばセンターを訪問
  • PCPM2006を開催
  • 第一回日中水素貯蔵材料セミナーを開催
  • イノベーション経営シンポジウム開催報告
  • 平成17年度九州センター研究講演会開催報告
  • ウィンターサイエンスキャンプを終えて
  • サイエンス・スクエアつくば科学体験教室開催のお知らせ
  • 「産総研のすごい仕事」発刊のお知らせ
  • お詫びと訂正
  • EVENT Calendar(2006年3月→2006年5月)
  • 「化石から知る地球の過去 ~科学の楽しさを子供たちにも~」地質情報研究部門 利光誠一さん

4月号 Vol.6 No.4

VOL.6-4 2006.4

  • メッセージ:研究ユニットの自治と産総研の使命
  • 特集:第4回産総研運営諮問会議を開催
  • 空中に浮かび上がる3次元(3D)映像
    -レーザープラズマを用いた“リアルの3次元(3D)映像”の空間描画-
  • ホタルの発光をバイオツールへ
  • 水で太陽電池の性能アップ
  • 唾液で手軽に測れるストレス計測ツール
  • 印刷法によるフレキシブルメモリ素子の作製
  • 超微細構造の起立型ダブルゲート・トランジスタ
  • 測定環境による誤差の心配をへらす
  • 動くものの内部も撮れるX線CT
  • nano tech 2006 に参加して
  • 交流抵抗標準
  • ホーンアンテナ標準の校正サービス
  • 誰にでも使いやすい地質図をめざして
  • 新潟県上越市沖の日本海海底で、海底に露出するメタンハイドレートの確認・採取に成功
  • クロアチア共和国科学・教育・スポーツ省次官補来所
  • フィンランド技術研究センター(VTT)と研究協力協定を調印
  • Geo-Gridに関する日本-ベトナムワークショップの開催
  • 産総研技術フェアin北海道を開催
  • 産総研 サイエンス・スクエアつくば科学体験教室を開催
  • EVENT Calendar(2006年4月→2006年6月)
  • 「ナノテクノロジーで変える電子部品製造技術」先進製造プロセス研究部門 集積加工研究グループ 明渡 純さん

5月号 Vol.6 No.5

VOL.6-5 2006.5

  • 対談:地球に貢献する科学技術
    -独立行政法人の使命-
  • 特集:産総研の平成18年度計画
  • 量子ドット技術を利用したソフトイオン化法
    -バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発-
  • 関東平野地下深部に特定された中央構造線
  • 振動実験データの保存・公開システム
  • マイクロセラミック燃料電池の開発
  • ナノテクで実現する「分子の缶詰」
  • 酸化ストレスによるタンパク質の修飾
  • マイクロスケール試料の表面温度測定
  • 高い反応性を有する有機高分子多孔体
  • 透明導電基板生産に向けた新技術
  • 圧力標準の国際整合性の確保 計測標準研究部門
  • 合成ガスのディーゼル燃料への利用
  • 丸文学術賞とゴールド・メダル賞を受賞
  • 産総研TV シリーズ「つくば発 しなやかな産業革命」
  • 産業技術総合研究所理事長賞
  • 吉川理事長、中国科学院を訪問しイノベーション関連共同シンポジウムを開催
  • "サイエンス・スクエア つくば"で「福祉特別展」を開催
  • 新役員の紹介
  • EVENT Calendar(2006年5月→2006年7月)
  • 「世界をつなぐグリッドの実現に向けて」グリッド研究センター 基盤ソフトチーム 田中 良夫さん

6月号 Vol.6 No.6

VOL.6-6 2006.6

  • 特集:省エネルギー技術の最前線
    -温暖化防止とエネルギー安定供給に大きな貢献-
  • 分散エネルギーシステムの平準化基盤技術の開発
  • 熱・電気統合型ネットワーク技術開発
  • 省動力熱輸送技術
  • 流れる氷による冷熱の貯蔵・輸送
  • インバータ用の省エネSiCパワー素子
  • 4端子駆動ダブルゲートMOSデバイス
  • 太陽熱自動制御の省エネルギー窓ガラス
  • 家庭の省エネルギーをめざす技術
  • 省エネルギーデシカント空調システム
  • 廃熱発電を利用した省エネルギー排ガス処理
  • ハイブリッド車用のリチウム二次電池
  • 内部熱交換による省エネルギー蒸留技術
  • 省エネルギー型廃水処理技術開発
  • 省エネルギー型グリーンプロセス研究開発
  • 100kW小型貫流ボイラ発電システム
  • 安定動作を実現したCNT トランジスタ
  • オーバレイ構築ツールキットOverlay Weaver
  • ナノメートルサイズの微細加工技術と装置の開発
  • 量子ドットを用いた微量タンパク質検出法
  • 亜臨界水で有機フッ素化合物を無害化
  • カーボンナノチューブをポリイミドに均一に分散
  • 高導電性カーボンナノチューブ
  • 簡便で高感度な環境汚染物質測定法
  • 特殊構造を有するポリアミド4
  • 火山噴煙観測の新手法
  • ニーズに応えた低温域の温度計校正サービス
  • 文部科学大臣表彰受賞
  • 産総研のキャッチフレーズをつくりました
  • 新研究ユニット紹介
  • ハノーバーメッセ2006開催
  • 地質調査総合センター代表がCCOP管理理事会議長に就任
  • 日仏産業革新ラウンドテーブル開催
  • 地質標本館で普及講演会を開催
  • 平成18年度春の叙勲
  • サマー・サイエンスキャンプ2006 参加者募集
  • 産総研TVシリーズ 「つくば発しなやかな産業革命」
  • EVENT Calendar(2006年6月→2006年8月)
  • ナノの世界の「ものさし」:世界最小目盛の実現に向けて

7月号 Vol.6 No.7

VOL.6-7 2006.7

  • 特集:きらりと光る産総研オリジナルソフトウェア
  • ナノスケール切削の進行過程をリアルタイム観察
    -新たなナノファブリケーション技術の開発を目指して-
  • 光ファイバを用いた周波数標準の供給・比較技術の開発
  • 木材から軽油を連続合成する新しいプロセス
  • 地球観測グリッド(GEO Grid)システム
  • 非接触法で簡便に固体材料の弾性係数を導出する
  • 鉛を含んだガラスからの新しい鉛分離法
  • 高精度な歯車測定をめざして
  • 電力計校正システム
  • 産総研と九州大学が連携・協力に関する協定を締結
  • 化学・バイオつくば賞を受賞
  • 衆議院経済産業委員会一行のご視察
  • 韓国生産技術研究院(KITECH)院長が来訪
  • 英国ジャーナリストがつくばセンターを来訪
  • 渡海議員、宇野議員がつくばセンターをご視察
  • 「ナノテクノロジーの展開に向けた極微スケール標準物質と評価技術」第2回国際シンポジウムを開催
  • 第5回産学官連携推進会議に参加
  • 男女共同参画室設立記念講演会を開催
  • 産総研一般公開 「きて!未来の技術がいっぱい」
  • こども未来博2006 -夏休みの思い出は、未来で見つけよう!!-
  • いばらき産業大県フェア2006
  • 地質標本館 特別展 美しい砂の世界 -不思議な砂・美しい砂・役に立つ砂-
  • 産総研TVシリーズ 「つくば発しなやかな産業革命」
  • EVENT Calendar(2006年7月→2006年9月)
  • 新しい健康モニター:たった一つの分子を観察する

8月号 Vol.6 No.8

VOL.6-8 2006.8

  • 特集:本格研究 理念から実践へ
  • 本格研究の現実的成立
  • 座談会:「本格研究」はどのように展開するのか
  • 次世代デバイスの実現を目指して
  • 触媒の基盤研究から製品化に向けた共同開発へ
  • 計測標準における基礎物理定数の役割
  • ヒト細胞操作プロセス構築とその臨床応用
  • 産業化を見据えたナノスケールの機能付加ツール
  • 量子ドット結晶成長初期過程の解析
  • 明るく発光するナノ粒子分散ガラス蛍光体
  • 液晶性半導体を用いた高速動作FET 素子
  • 圧電磁石による光の制御
  • 卓上サイズのイオン付着・飛行時間質量分析装置
  • 高強度セラミックス多孔体
  • 逆ラマン共鳴を用いた高効率光
  • 第2回責任あるナノテクノロジーの研究開発に関する国際対話開催報告
  • 土壌汚染現場のリスクを評価するシステム
  • アルセノベタイン標準物質の開発
  • 産総研産業変革イニシアティブで新テーマ開始
  • 各種表彰受賞
  • 独立行政法人産業技術総合研究所の役職員の報酬・給与等について
  • 「パロ」映画化記者会見
  • 北海道大学・産総研ジョイントシンポジウムを開催
  • バイオウィーク in Sapporo 2006を開催
  • 国際標準化機構ナノテクノロジー技術委員会(ISO/TC229)第2回総会を開催
  • シンポジウム「戦略的な研究評価について」を開催
  • 「持続的社会を目指した科学技術に関する日中円卓会議」を開催
  • 第2回ライブセルイメージング講習会のお知らせ -実習受講者募集-
  • 産総研TVシリーズ 「つくば発しなやかな産業革命」
  • EVENT Calendar(2006年8月→2006年10月)
  • 地球の熱の恵みで省エネ:地中熱利用の効率化に向けて

9月号 Vol.6 No.9

VOL.6-9 2006.9

  • 特集:次世代医用計測 人に優しい医療技術をめざして
  • 医用計測技術の現状と今後の展望
  • 生体機能を解明する核磁気共鳴イメージング(MRI)
  • 酸素濃度をモニタリングする近赤外光イメージング(NIRI)
  • 実時間計測ができる超音波イメージング
  • 脳磁界・脳波による脳活動イメージング
  • 生体の微小構造を見るマイクロX線CTイメージング
  • 一般公開報告
  • つくばセンター 一般公開
  • 特別講演 / 中村 修二 教授:青色発光ダイオードへの挑戦
  • インタビュー/ 中村 修二 教授:サイエンスが好きな米国、嫌いな日本
  • 産総研一般公開:各地域センターでも続々開催
  • 単層カーボンナノチューブで高強度繊維の紡糸に成功
  • 水だけを使ったPETのケミカルリサイクル技術 
  • 熱設計に必要な全ての熱物性を1 秒以内に測定
  • 原子力発電所用大口径流量計の高精度校正設備
  • PVA から炭素材料を製造する新方法
  • 新領域の利用を拓く小型X 線発生装置
  • 臭素系難燃剤含有ポリスチレン標準物質
  • ヒ素化合物分析用タラ魚肉粉末標準物質
  • 新研究ユニット紹介
  • ミニマル・マニュファクチャリング シンポジウム
  • いばらき産業大県フェアに出展
  • インド首相・科学技術諮問委員会議長、C. N. R. Rao教授が産総研を訪問
  • バイオジャパン2006に出展します
  • イノベーションジャパン2006のご案内
  • EVENT Calendar(2006年9月→2006年11月)
  • 熱を電気に変える:高効率熱電発電技術の実現を目指して

10月号 Vol.6 No.10

VOL.6-10 2006.10

  • 特集:ナノテクノロジー 産業変革と持続発展可能な社会に向けて
  • ボトムアップ型ナノテクノロジー
  • カーボンナノチューブ
  • ナノエレクトロニクス
  • 先進デバイス材料
  • ナノバイオ技術
  • ナノ環境技術
  • ナノエネルギー材料
  • ナノテクノロジーの社会受容
  • 有機ナノチューブ大量合成法の開発
  • マイクロ波によるポリエステル合成
  • らせん構造を形成する液晶性半導体
  • 発電する熱交換器用パイプ型モジュール
  • 有機汚染物質の抽出方法
  • β-アミロイドタンパク質会合阻害剤
  • 天然における核種移行とコロイド粒子
  • 標準尺標準・デジタルスケール標準
  • オルガテクノ大賞2006 - 材料・素材部門賞を受賞
  • つくば奨励賞を受賞
  • タイ王国シリントーン王女殿下産総研ご来訪及びタイ科学技術フェア2006への出展
  • The 3rd International Workshop on Biochips and Environmental Monitoring
  • 産学官技術交流フェアと北陸技術交流テクノフェアに出展します
  • 台北国際技術博覧会2006開催
  • 産総研東北センター 科学未来展のご案内
  • EVENT Calendar(2006年10月)
  • “新しい”ナノ材料:有機ナノチューブの大量製造法の開発

11月号 Vol.6 No.11

VOL.6-11 2006.11

  • 特集:環境保全から環境創造へ
  • 予測と評価による最適ソリューションの提供
  • これからの化学物質リスク管理
  • 製品を対象とするLCAからソーシャルLCAへの発展
  • 温暖化評価指標を考える
  • 地球温暖化問題に対する地球観測と対策技術
  • レーザ光照射を併用した超電導薄膜製造
  • 異種高分子をナノ分散・混合する技術
  • 排ガス浄化用触媒の開発
  • 熱分解ガスの発生挙動モニタリング
  • 低温型位相コントラストX線CT技術の開発
  • 高気孔率ポーラス金属の作製技術
  • 低温基板上への高機能性膜形成を低コストで
  • 高齢者の温熱感覚特性の研究
  • 法定計量の国際相互承認
  • ノルウェー科学技術大学との包括的研究協力協定締結
  • 工業標準化業務で経済産業大臣表彰を受賞
  • 「2006年グッドデザイン賞」エコロジーデザイン賞を受賞
  • カナダNational Research Council理事長一行産総研を訪問
  • 省エネルギーシンポジウム2006を開催
  • 機能性酸化物ワークショップを開催
  • 全日本科学機器展in 東京2006へ出展します
  • GEO Grid Symposium 2006を開催
  • ウィンター・サイエンスキャンプ' 06-'07参加者募集のご案内
  • 環境報告書2006の発行
  • 活断層データベースを改訂しました
  • 産総研ブックス「きちんとわかる巨大地震」発刊のお知らせ
  • EVENT Calendar(2006年11月)
  • 「柔らかな電子デバイスの実現に向けて」

12月号 Vol.6 No.12

VOL.6-12 2006.12

  • 特集:本格研究 理念から実践へ
  • 座談会:「本格研究」は社会とどう向き合うか
  • 赤外線式体温計のための標準開発
  • アクセシブルデザイン技術の標準化をめざして
  • リスクの定量化に向けて ~相互比較可能な表現法~
  • 数理社会モデルを使った環境製品の普及予測
  • 日米の計算機資源と通信帯域の事前同時予約
  • ポータブルな高速DNA 分析デバイス
  • ダイヤモンド半導体で高効率の紫外線発光
  • 広い濃度範囲の水素漏れセンサの開発
  • 液体ヘリウムを消費しない極低温冷却装置の開発
  • 三次元計測装置の高精度化
  • 多孔質材料の用途を拡げる
  • 地質文献データベース:検索方法の統一
  • トルク標準
  • 「産学官連携による研究開発のイノベーション -ロスアラモス国立研究所の事例を中心に-」の開催
  • 再生可能エネルギー国際会議RE2006を開催
  • フランス国立科学研究センター(CNRS)との包括的研究協力協定延長の調印
  • 経済産業副大臣 つくばセンター来訪
  • 北陸技術交流テクノフェア2006に出展
  • 「産学官技術交流フェア」で研究成果を展示・紹介
  • 産総研レアメタルシンポジウムを開催
  • 平成18年度ISO/IEC国際標準化セミナーを開催
  • 第4回日タイ連携ワークショップ2006開催
  • 第3回AIST-VASTワークショップ開催
  • 第3回バイオマス・アジアワークショップ開催
  • サイエンスカフェ -地下水で地震を予知する- 開催
  • 一般公開 (中国センター・四国センター)
  • 東北センター 科学未来展を開催
  • バイオジャパン2006に出展
  • 平成18年度秋の叙勲
  • EVENT Calendar(2006年11月)
  • 産総研TODAY2006総目次 Vol.6(2006年1月号~12月号)
  • 「光による精密分子操作と計測への応用」

▲ ページトップへ